WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

カスタムタクソノミーの各種設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成したカスタムタクソノミーの、階層構造の有無やスラッグの書き換えなどといった挙動の設定方法について、ご紹介します。
講師:
02:47

字幕

このレッスンでは 作成したカスタムタクソノミーの 階層構造の有無や スラッグの書き換えなどといった 挙動の設定方法についてご紹介します それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらの画面ではこれまでのレッスンで 作成してきた「ニュース種別」という カスタムタクソノミーの設定画面が 表示されている状態です そして今回注目して頂きたいのが こちらの画面の下の方にある この「Settings」以下の部分となります この部分でカスタムタクソノミーの 各種設定を行う事が出るようになっています 色々な項目が設定できるようになっていますが 今回は必要になるであろうという項目だけを ピックアップしてご紹介していきたいと思います それではまずこちらの「階層」から この「階層」の部分では「False」か 「True」かを選べるようになっています この「階層」で「False」を設定すれば このカスタムタクソノミーは タグと同じような動作をするようになります 逆にこちらの「True」を選択した場合は そのターム同士で親子関係を作る事ができる カテゴリと同じ動作をするようになります 今回は「True」を設定しておきましょう そして次に少し飛ばしまして こちらの「リライト」と 「カスタムリライトスラッグ」という部分です 例えばウェブ上でタクソノミー アーカイブページを表示させた時 このカスタムタクソノミーに設定している スラッグが URL の一部として 表示されてきますが その URL で利用されている タクソノミーのスラッグを別のものに 差し替える事ができるようになっています 差し替えたい場合はこちらの 「リライト」の値を「True」に設定して そしてこちらの 「カスタムリライトスラッグ」のこちらの 入力欄に差し替え後の文字列を 入力してあげればオッケーです 他にも様々な項目の設定が 行えるようになっていますが 一般的な利用の際には ほとんど変更の必要がないものとなっています それではここまで設定を終えたら 画面を上に戻して そしてこちらの「Save Taxonomy」を クリックします これでカスタムタクソノミーの設定が 保存されました 以上でレッスンは終了です 今回は作成したカスタムタクソノミーの 階層構造の有無や スラッグの書き換えなどといった 挙動の設定方法についてご紹介しました

WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

WordPressは無料ブログソフト/CMSです。Custom Post Type UIというプラグインでその機能をさらに拡張すれば、さまざまな種類の投稿(カスタム投稿タイプ)や分類方法(タクソノミー)を追加できるようになり、テーマごとにコンテンツの管理や整理を手軽に行うことができます。このコースではこれらの作成方法や各種設定方法について詳しく解説します。

1時間05分 (17 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。