WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

専用のタクソノミーアーカイブページを作成して一覧表示する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
専用のタクソノミーアーカイブページを作成して、特定のタクソノミーとタームで絞り込んだ投稿記事の一覧を表示させる方法について、解説致します。
講師:
06:18

字幕

このレッスンでは専用の タクソノミーアーカイブページを作成して 特定のタクソノミーとタームで 絞り込んだ投稿記事の一覧を 表示させる方法について解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらの画面では前回までのレッスンで 作成した「ニュース種別」という カスタムタクソノミーの タームの作成画面を表示しています そして現在はこのように「イベント関連」 というタームが作成されていますね それではこちらの「カウント」と書かれている この「2」という数字を クリックしてみましょう するとこの「イベント関連」というタームに 紐付けられていた投稿が表示されてきました 現在はこちらの2件が そのタームに紐付いている形になります 今回はこの「イベント」というタームに 紐付けられた投稿の 一覧画面を表示させるために 専用のタクソノミーアーカイブページと いうものの作り方について 見ていきたいと思います それではここからはワードプレスの テーマファイルに 手を加えていく形になりますので まずはワードプレスの テーマファイルを確認していきましょう これがワードプレスの テーマファイルとなっています 現状こちらのタームに紐付けられた 投稿一覧を表示するためのファイルは こちらの archive.php になっています ではこの archive.php を 利用している状態での 投稿の一覧画面を見てみたいと思います それではウェブサイトを表示してみましょう これがそのウェブサイトとなっています まずここで注目して頂きたいのが こちらの URL です 作成したカスタムタクソノミーと そしてそこに追加されたタームに 紐付けられた記事を 表示するための URL がこちらになります まずはカスタムタクソノミーの スラッグを書いて そのあとに タームのスラッグを入力します こうすることでそのカスタムタクソノミーと タームに紐付けられた投稿のみが 一覧となって表示されてきます それがこちらの部分ですね このように2件が表示されているのが わかるかと思います これが archive.php ファイルを使った 出力結果となります それでは次にカスタムタクソノミーが newstype でタームが event で 絞り込んだ専用の タクソノミーアーカイブページを 作っていきたいと思います それでは再度ワードプレスの テーマファイルを見てみます ワードプレスのテーマファイルを 表示しました 専用のタクソノミーアーカイブページを 作成するためには まずベースとなる この archive.php を複製します まずはこのファイルをコピーして そして同じ場所に貼り付けます するとこのように ファイルが生成されてきますね そしてこちらのファイルの名前を変更します 今回はこちらのファイル名すべてを削除して そしてこのように書きます taxonomy と書いて - (ハイフン) そして次にカスタムタクソノミーの スラッグを入力します 今回は newstype ですね そしてそのあとにさらに - を入れます そしてそのハイフンの後ろに今度は 絞り込みたいタームのスラッグを入力します 今回は event ですね これでファイルの名前を決定します これでニュース種別のカスタムタクソノミーと event のタームで絞り込んだ 専用のタクソノミーアーカイブページの 作成ができました それでは次にこちらのファイルを エディターで開きます これがそのファイルをエディターで 開いた状態です こちらのファイルに 独自の編集を加えていきます 今回はこちらの部分を編集してみましょう まずこの部分を削除して echo と入力しておきます そしてこちらの括弧の中ですね こちらも編集を加えていきます このようにして そしてこちらの部分に 「イベント関連のお知らせ一覧」と しておきます そしてこの状態でファイルを保存します それではウェブサイトの方に 表示を切り替えてみましょう 現状はこのように表示されていますね ではブラウザの更新ボタンをクリックします するとこのように変更されたことが わかりますね これが専用のタクソノミーアーカイブページの 作成方法となります これを応用すればタクソノミーやタームごとに ウェブサイト上に表示する際の デザインやコンテンツを切り替えることが できるのでとても便利です それではもう一度ワードプレスの テーマファイルを確認してみたいと思います 今回作成したファイルは こちらのファイルでしたね こちらのファイルのファイル名の構成は まず taxonomy と書いてそして - そしてそのあとに カスタムタクソノミーのスラッグ そして - そしてそのあとに タームのスラッグと入力しましたね このようにすることでタクソノミーとタームで 絞り込んだ一覧画面を 表示できることがわかりました 他にも もしタームでは絞り込まずに タクソノミーだけで絞りたければ このファイル名を taxonomy- そしてタクソノミーのスラッグを 入力してあげればオッケーです カスタムタクソノミーを活用して サイトを構築するための テクニックとなりますので 覚えておくとよいでしょう 以上でレッスンは終了です 今回は専用のタクソノミーアーカイブページを 作成して 特定のタクソノミーとタームで 絞り込んだ投稿記事の一覧を 表示させる方法について解説いたしました

WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

WordPressは無料ブログソフト/CMSです。Custom Post Type UIというプラグインでその機能をさらに拡張すれば、さまざまな種類の投稿(カスタム投稿タイプ)や分類方法(タクソノミー)を追加できるようになり、テーマごとにコンテンツの管理や整理を手軽に行うことができます。このコースではこれらの作成方法や各種設定方法について詳しく解説します。

1時間05分 (17 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。