Photoshop CC 画像修正入門講座

修復ブラシツール

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
指定した箇所を周囲の色から自動的に分析して修正するツールを紹介します。
講師:
05:52

字幕

修復ブラシツールはコピースタンプツールと同じように画像の一部分を別の場所にブラシストロークでコピーすることができる機能です。修復ブラシツールの特徴はコピーさせた画像とコピー先のまわりの色とトーンに自動的にマッチングさせる機能があるということです。それでは修復ブラシツールの使用方法をこれから見ていくことに致しましょう。なお、画面に表示してあるConey Island Sunset.jpg のデータはプロジェクトファイルの中に入っています。ファイルから取り出してもらうと同じように試してもらうことができます。まずここに表示してありますこの画像をご覧下さい。これはサンセットの画像ですがこの中央部分あたり、ちょうどこのあたりに黒い点のようなものがあるのがご覧頂けるかと思います。ここでは少しわかりにくいですから少し拡大してみましょう。画像の拡大方法ですが左側にあるツールパネルの中から下の方にある虫眼鏡の形をしたアイコンこれを選んでクリックします。ここを選びますと上の方にプラスとマイナスと書かれたズームイン、ズームアウトが出てきます。このプラスの方を選びまして、それからさらにカーソルを画面に持っていき、クリックを繰り返します。 そうするとこのように、画像が拡大されます。少し画面を整えて先ほどの黒い点これはちょうど鳥が写り込んでいて、黒くなっていた部分でした。今回はこの部分を修復していきたいと思います。それでは修復作業に入る前にまずレイヤーを一つ作っておきます。レイヤーボタンを押します。レイヤーができました。レイヤーの名称の部分をダブルクリックするとレイヤーのこの名称を変えることができます。例えばわかりやすいようにimage 1 などと名称をもし入れて作業した方が作業しやすい場合はこのように名称を変えるのも一つの方法です。ここの部分の名称も変わります。ここまでできましたら、これから修復ブラシツールを起動させていきます。修復ブラシツールですが左側のツールパネルの中のこの絆創膏の形をしたアイコン、ここに修復ブラシツールが入っています。この中に修復ブラシツールと書かれたものがありますから、ここをクリックします。これで起動されました。それでは修復ブラシツールのツールオプションバーの内容も見ていくことに致しましょう。まず、この部分をクリックするとここはブラシの選択になります。特にこの中で直径だったり、硬さだったりとかこの部分がありますけれど硬さの部分を 100 パーセントに設定しておいて下さい。 そしてモードですがこれは通常モードで結構です。さらにその隣にソースとある部分、ここですけれどサンプルとありますがここはクリックした箇所を元に描写するように指示するものです。さらにその横のパターンとありますがこれは選択したパターンを使って描写させます。ここではクリックした箇所をコピーしてそのまま修復しますから、サンプルの方を選んで下さい。ですからサンプルをチェックします。さらにその横の調整ありですがここはチェックをオフにしておいて結構です。そしてレイヤーの選択ですがこれは、全てのレイヤーを選んでおいて下さい。その横にあるボタンですがこれは修復する時に調整レイヤーを含むかどうかを決定するものです。ここでは設定をオンにしておきます。ですので、もしこのようになっていた場合は設定オンで押し込んでおいて下さい。ここまでで修復ブラシツールの設定は完了です。これから修復作業をしていきます。カーソルを画面に持っていくとこのような円が出てきます。この円の中に修復する先、コピーする先を指定して、これから作業していくわけです。例えばこの部分、鳥の部分をこのように指定します。そしてこの円の大きさの変え方ですがキーボードにある Blacket キー、日本語表記でいう角括弧「」と呼ばれるものがありますがその左側の Bracket キーを押すと小さく右側の Bracket キーを押し続けると大きくなります。 例えば、このように大きくしたり小さくしたりできます。これで、ヒットさせてちょうど円がいい形になるように持っていきます。例えば、これくらいの大きさでしょうか。そしてこれから修復させる先の部分をコピーしていきますが冒頭に説明したように修復ブラシツールは違う色の部分を読み込んでも、まわりの色に合わせて自動マッチングさせてくれる機能がありますから例えば、この画像で言うと上のこの部分と下のこの部分では明るさが大きく違うのが見てわかります。ただ、どちらを選んでもこの鳥の部分に合うような色の明るさで修復してくれます。それでは少しそれを試してみましょう。まずこのコピーの方法ですが例えばこの辺りの画像をもし選ぶと仮定しましょう。ここにサークルを合わせます。そして Windows であればalt キーをMachintosh であればoption キーを押しながらクリックします。これでコピーが完了しました。このまま円を鳥のこの影の部分に合わせます。合わせてもう一度クリックします。これで完了です。明るい色の部分をとりましたがちょうどこの明るさと同じ色にマッチングした明るさで修復されています。今度は暗い所で一度試してみましょう。 ここで編集メニューに戻って、ブラシを取り消します。最初はこの明るい所を取りましたが今度は少し色が濃くなっているこの部分でもう一度コピーします。コピーできました。さらにもう一度、鳥に合わせてサークルを入れてクリックします。完了です。明らかにこちらの方が色が濃かったですけれどここをご覧下さい。ちょうどまわりの色に合わせてきれいに修復されています。これが修復ブラシツールの機能になります。ここまでが一連の作業の工程になります。慣れてしまえば、簡単ですので繰り返し試してみて下さい。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。