InDesign CC 2015のアップデート

拡張されたライブラリ機能

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Creative Cloud Libraries 内のアセットをリンクできるようになりました。
これで自宅でアセットに加えた変更は職場のドキュメントに反映さることになります。
講師:
03:40

字幕

InDesign CC 2015 ではCreative Cloud Libraries を使うことによってアセットを共有してリンクすることが可能になりますアセットには段落スタイルや文字スタイルなども含まれますので例えば 自宅で作った段落スタイルを職場で使っているドキュメントに適応するこの様なことも可能になります例えばこちらのドキュメントのこの部分こちらの部分を段落スタイルとして設定しましょう「段落スタイル」を新規作成します例えば スタイル名としては「タイトル」などと付けておきますここでは「段落の背景色」が青色に設定されていますこの様なスタイルを「タイトル」として使いたい ということにしましょう「 OK 」を押して確定しますさて もう1つ 別のドキュメントを開きますこちらのドキュメントのこの部分ここも「タイトル」になりますので先ほどの段落スタイルを適応したいと思いますその場合も このように「 C C Libraries 」パネルを開くと「コンテンツを いつでもどこでも」と文言が書いてありますこのパネルを使って 先ほどのスタイルを共有することが可能になりますこの機能を活用するためにはこの下にある「 Creative Cloud 」のマークこちらを押して同期できているか確認してくださいCreative Cloud アプリケーションで設定していない場合にはこちらのボタンを押して「ライブラリを同期するにはCreative Cloud のファイル同期設定...」これをオンにできますその準備をしたら 先ほどのスタイルをこちらに適応したいと思いますその為には まず作ってある「段落スタイル」これを こちらのボタンを使って「 C C Libraries 」パネルに移動しますこれはパネル内に表示されただけに見えますが実際にはCreative Cloud のアカウントを使って同期されていますですから もう1つのドキュメントを開いても「 C C Libraries 」パネルの方にはこの「段落スタイル」が表示されている状態になりますこの「段落スタイル」の「タイトル」を―クリックすればこの部分にそれが適応されるという形です実際にはこの様にローカルマシンの中で2つのドキュメントを使うという場合はこちらの Creative Cloud の同期ができていなくても動いてしまいますですが 当然 離れた場所違うマシン インターネット経由になれば自分のアカウントのCreative Cloud の領域の中にこの「スタイル」などのアセットが保存されますそのため 離れたところにある別のドキュメントであっても同じスタイルを適応することが簡単に可能になりました

InDesign CC 2015のアップデート

InDesign CC 2015には、今までは複雑な手順で行ってきたことを非常にシンプルに実現する機能がいろいろと搭載されました。このコースではInDesign CC 2015に新たに追加された機能を中心に紹介します。段落に背景色を指定したり、表に画像を配置できるという機能は簡単なことながら今後の作業で非常に便利に使えるでしょう。

36分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年09月23日
アップデート日:2016年06月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。