Photoshop CC 画像修正入門講座

パッチツール

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
指定した箇所を囲い、他の場所へ移動して修正する方法を解説します。
講師:
03:59

字幕

パッチツールは投げ縄と呼ばれる機能を使い修復したい範囲を指定して、修復に適応したい部分にドラッグさせ、画像を修復するという機能です。使い方は覚えてしまえばとても簡単です。それではパッチツールについての使い方をこれから見ていくことに致しましょう。まずここにご覧頂いているこの塔が写っているこの写真この画像を使ってこれから修復していきます。この画像データはプロジェクトファイルの中に格納されていますので同じ画像をダウンロードして皆さんも是非試してみて下さい。それでは作業に入る前にレイヤーを一つ作っておきます。レイヤーボタンをクリックしてレイヤーができました。名称を変える場合はレイヤーのところの名称をダブルクリックするとここで適時に名前を入れることができますので必要があれば名前を入れて作業しやすくして下さい。これで準備ができました。それでは左側にあるツールパネルからパッチツールを起動します。ちょうどこの部分に上から3つ目パッチツールが入っています。ここをクリックして起動します。これで起動できました。パッチツールのツールオプションバーも見ておきましょう。最初のこの横にあるボタンですがこの新規選択この部分を選んで頂ければこれで大丈夫です。 さらにその横にパッチと書いてあります。ここは通常とコンテンツに応じると二つありますがこのコンテンツに応じるという意味はドラッグした先の画像のコンテンツに応じた修復がされるという意味になります。ここではこのコンテンツに応じるの部分を選んでおきます。するとその右側にある選択項目が適応という形になります。ここを開くと非常に厳密にから非常にゆるくまで五段階あるのが見えます。これはコピーする部分のピクセルをどの程度変えるかという部分の項目になります。通常は中間を選ぶ形でいいでしょう。しかしコピーしてくる部分の画像のピクセルをできるだけ損なわずに修復したいというのであれば非常に厳密を選択するという方法もあります。また少し曖昧にした画像でいいのであればゆるく、もしくは非常にゆるくという選択肢でも OK です。ここでは空の部分を修復していきますのでここでは非常にゆるくを選択したいと思います。さらにその右のレイヤーは全レイヤーを対象ですのでこの部分をチェックを入れておけばこれで大丈夫です。これで完了しました。それではこれからパッチツールを使って修復をしていきます。この画像の右上の部分ここに建物の一部が写っています。 この部分をパッチツールを使って修復していきます。パッチツールはもう起動されていますからこのまま画面上でクリックしてなぞると、このように線が出てきてこれは投げ縄と呼ばれる機能になりますがここを修復したい所を囲うように線で繋いで下さい。これで完了です。これで修復したい所の指定先が終わりました。次にこの指定した先をそのままドラッグしながら横にずらしていきます。するとこのように空の部分が変化していきます。このままドラッグを離せばこれで修復が完了となります。ただし気をつけておきたいのが必要以上に必要場所を伸ばしていき違う箇所が入るとこのように画像が入ってきますのでドラッグさせる位置を気をつけながら進めていく必要があります。先ほどのようにちょうどこの空の部分に青いような所にドラッグしてドラッグを離してこれで完了です。とても簡単です。パッチツールではこのようにドラッグさせるだけで修復ができますので短時間で修復を行ないたい時には便利なツールです。状況に応じて使ってみて下さい。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。