Excel 2016 基本講座

Excel 2016 を起動する、終了する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excel 2016 の作業をスムーズに開始・終了するための起動手順と終了手順を解説します。
02:53

字幕

このレッスンでは Excel2016 の作業をスムーズに開始・終了する為の起動手順と終了手順を解説します。では Excel の起動操作から見て行きましょう。タスクバーのスタートボタンをクリックします。スタートメニュー一番下のすべてのアプリをクリックします。するとアプリケーションがアルファベット順に表示されますのでE の欄の Excel 2016 をクリックします。これで Excel を起動する事が出来ました。Excel を起動するとタスクバーにはExcel のボタンが表示されます。よって Excel が起動中であるということを確認することが出来ます。又Excel を起動して最初に表示される画面をExcel のスタート画面と呼んでいます。最近使用したファイルの一覧やお薦めのテンプレートが表示されています。もし旧バージョンの Excel の様にここで新規作成のブックウィンドウを素早く開くにはキーボードの ESC キーをタイプすると良いでしょう。この様に素早く新規作成のブックウィンドウを開くことが出来ます。では続いてExcel の終了操作を見て行きましょう。Excel を終了するには 画面右上の閉じるボタンをクリックします。 これで終了することが出来ました。タスクバーのボタンも非表示となりますね。又Excel を起動する為のアイコンやタイルをタスクバーやスタート画面にピン留めすることができますので見てみましょう。すべてのアプリをクリックしExcel 2016 を右クリックするとショートカットメニューの一番上スタート画面にピン留めする、という項目がありますので こちらをクリックするとスタート画面に Excel のタイルが追加されますのでクリックしてExcel を起動することが出来ます。スタート画面のタイルはドラッグ操作で位置を移動することが出来ますので使いやすい位置に配置しておくと良いでしょう。タスクバーのアイコン登録も見てみましょう。スタートボタンをクリックしすべてのアプリをクリックしたらExcel 2016 を右クリックします。上から二つ目タスクバーにピン留めするという項目がありますのでこちらをクリックするとタスクバーのアイコンとしてExcel を登録するこが出来ました。よってタスクバーのアイコンをクリックしてExcel を起動することも出来ます。このレッスンではExcel 2016 の起動と終了について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。