Excel 2016 基本講座

ブック、ワークシート、セルについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excelの構成と基本用語について解説します。ブック、ワークシート、セルなどのExcelを操作する際に必要となる構成要素について知ることができます。このレッスンは重要です。
04:06

字幕

このレッスンでは Excel の個性と基本用語について解説します。Excel を操作する際に必要となる構成要素について知ることが出来ます。ではこれから実際にExcel の画面を見ながらブック・ワークシート、そしてセルについて学習しましょう。Excel の画面が表示されていますまずは ブックについて学習しましょう。Excel では作成したファイルのことをブックと言います。そして 現在作業中のブック名がタイトルバーに表示されます。Book1 と表示されているのは仮の名前で名前を付けて保存を実行するとそのブック名がタイトルバーに表示されます。このブックでは複数の作業用紙を管理することが出来ます。Excel 2016では特に指定しない限り始めから一枚の作業用紙が用意されています。その様子が画面の左下で確認できます。Sheet1 と表示されていますね一枚の作業用紙が用意されている訳です。この作業用紙のことをワークシートと言いワークシートは必要に応じて増やしたり減らしたりすることが出来ます。試しに一枚 増やしてみましょう。Sheet1 の右の方に「新しいシート」 というボタンがうりますのでこちらをクリックするとSheet2 というワークシートが登場しましたね。 このようにブックでは複数のワークシート纏めて管理することが出来ます。では 続いてワークシートについて学習しましょう。ワークシートとは精算に表やグラフを作成する為の作業用紙とのことです。このワークシートは小さなます目で区切られていますね。一枚のワークシートの大きさは行方向には一行目から始まって1048576行はあります。別方向にはA 列から始まってXFD という列まで16384列はあります。このようにワークシートは沢山の行と列で構成されています。又ワークシートが複数ある場合に現在作業中のワークシートのことをアクティブシートと呼びます。例えば現在の状態であればSheet2 が選択されていますのでSheet2 がアクティブシートであるということです。ここでSheet1 をアクティブシートにするにはSheet1 の見出しをクリックをするとこれでSheet1 をアクティブシートにすることが出来ます。続いてセルについて学習しましょう。ワークシート上のます目一つ一つをセル と言います。Excel ではセルに文字や数値を入力して表を作成します。一つのセルに入力出来る文字の数は最大で32767文字です。又 現在操作の対象であるセルのことをアクティブセルと言い、太枠で囲まれます。 現在は左上のセルが太枠で囲まれていますね。このセルがアクティブセルであるということです。もうしてクリックしたセルがアクティブセルとなります。又セルは列番号と行番号を組み合わせて番号で呼びます。例えばC 列の5 行目のセルだった場合にはC の5 のセルB 列の3 行目であった場合にはB の3 のセルと表します。このレッスンではExcel の構成要素であるブックワークシートセルについて解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。