Excel 2016 基本講座

既存のブックを開く、閉じる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブックを開く・閉じる操作を解説します。既存のブックを閲覧・編集するには対象となるファイルを開いて作業し、目的の作業が済んだらファイルを閉じます。
03:25

字幕

このレッスンではブックを開く操作と閉じる操作について解説します。Excel を起動しスタート画面が表示されています。ではブックを開く操作を見て行きましょう。左にあります他のブックを開くをクリックします。すると開くの一覧が表示されますので一番下の参照をクリックします。ファイルを開くのダイアログボックスは表示されましたらここで開くファイルの保存場所を指定します。今回は01のフォルダに保存されていますので01のフォルダを開いてChapter_1 のファイルをクリックで選択します。開きますので右下にある開くボタンをクリックしましょう。これでChapter_1 のブックを開くことが出来ました。では続いてExcel を終了しないでブックのみを閉じる操作を見て行きましょう。開いているChapter_1のブックだけを閉じます。ファイルタブをクリックし 左メニューから下の方の閉じるをクリックします。こけで開いているブックを閉じることが出来ました。では次に最近使ったアイテムからブックを開いて見ましょう。先ほど使用したChapter_1を開きます。ではファイルタブをクリックします。左のメニューから開くをクリックします。 一番上の最近使ったアイテムをクリックすると最近使用したブックの一覧が表示されます。ここの Chapter_1 が表示されていますね。ではChapter_1 をクリックするとこれで目的のブックを素早く開くことが出来ます。ではもう少し最近使用したファイル一覧を見て行きますのでもう一度ファイルタブをクリックします。左メニューから開くをクリックし最近使ったアイテムが選択されてることが確認します。最近使ったアイテムには最近使用したブックの一覧が表示されます。このブックの一覧のブック名をマウスポインターでポイントすると右に 固定する為のボタンが用意されています。このピン留めボタンをくりっくをすると固定してブックを表示しておくことが出来ます。固定を解除するにはもう一度ピン留めボタンをクリックするとこれで固定を解除することが出来ます。Excel 2016の初期設定では最近使用したアイテムの一覧には25個のブックを表示することが出来ます。ブックを表示する数は変更することが可能です。見てみましょう。左のメニューの一番下にありますオプションをクリックします。Excel のオプションのダイアログボックスが表示されますので左のメニューから詳細設定をクリックします。 画面を下にスクロールし表示グループの一番上最近使ったブックの一覧に表示するブックの数25になっていますね。こちらで表示するブックの数を0から50で指定することが出来ます。今回確認だけですので右下のキャンセルボタンをクリックしてキャンセルしておきましょう。このレッスンではブックを開く操作と閉じる操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。