Excel 2016 基本講座

Excel 2016 の画面構成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excel 2016 の画面構成について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し、学習効率がより向上するでしょう。このレッスンは重要です。
06:37

字幕

このレッスンではExcel 2016の画面構成について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し学習効率がより向上するでしょう。使用するブックはChapter_1 です。このブックにはワークシートが5枚用意されています。ではその中のアンケート結果のタブ見出しをクリックしアンケート結果のシートをアクティブシートにします。ではこれからExcel の画面構成を見て行きましょう。画面上部にある細長な領域はタイトルバーと言います。タイトルバーには使用しているアプリケーションの名前と開いているファイルの名前が表示されます。Excel ではブック名が表示されます。現在開いているのはChapter_1 というブックです。タイトルバーの左にはクイックアクセスツールバーが用意されてます。クイックアクセスツールバーには使用ヒントの高いコマンドを実行するボタンを配置することが出来ます。その下の少し幅広の横長の領域はリボンです。このリボンはコマンドを実行するボタンが機能ごとに分類され各タブに用意されています。現在ホームタブが選択されています。ホームタブには普段能く使うコマンドが用意されています。 タブを切り替えるにはタブ見出しをクリックします。作業の内容に合わせてタブを選択してコマンドを実行して行きましょう。通常はホームタブを選択しておきます。一番左のファイルタブはバックステージ・ビューを表示するタブです。ではファイルタブをクリックします。するとバックステージ・ビューが表示されました。このバックステージ・ビューにはファイルに関する情報やファイルを操作する為のコマンドの一覧化表示されます。バックステージ・ビューを閉じるには左上の左向き矢印をクリックします。これで編集画面に戻ることが出来ます。又リボンのタブは状況に合わせて変化します。例えば、グラフを編集しようとグラフをクリックで選択するとリボンに変化が現れました。グラフツールのデザインタブと書式タブが表示されます。今はグラフを選択したのでExcel がグラフをグラフを編集しようとしていると認識しこのグラフツールが自動的に表示された訳です。このように状況に合わせて表意されるタブのことコンテキスト・タブと呼んでいます。このコンテキスト・タブを使って 今選択しているグラフを編集することが出来ます。他にも 右下の画像をクリックして見ましょう。 すると 今度は図ツールの中に書式タブが表示されました。この書式タブもコンテキスト・タブの一つです。今選択している図を書式タブを使って編集することが出来ます。この様にリボンのタブは状況に合わせて変化しますので操作の対象を選択するのは忘れないようにしましょう。又リボンは折りたたむことが出来ます。見てみましょう。リボンの右下のリボンを折りたたむ というボタンをクリックすると折りたたむことが出来作業領域を開くして使うことが出来ます。折りたたんだ場合には各タブ見出しをクリックすると解凍するタブが表示されます。固定状態に戻すには先程折りたたんだボタンが今度はリボンの固定ボタンに変わってますのでリボンの固定ボタンをクリックすると通常の固定状態に戻すことが出来ます。ではその他のツールも見てみましょう。リボンの下左端にあるのが名前ボックスです。名前ボックスにはアクティブセルの位置が表示されます。マウスでクリックしてアクティブセルを移動するとその位置が名前ボックスには表示されます。名前ボックスから少し右に行った所にFX というボタンがありますね。こちらは関数の挿入ボタンと言い、関数を使った数式を作成する際に使用します。 その右にあります細長い領域、 こちらは数式バーです。数式バーにはアクティブセルの内容が表示されます。今A の1がアクティブセルですのでA の1の内容が表示されますね。他のセルをアクティブにして見ましょう。例えばB の4のセルをクリックしてB の4のセルをアクティブセルにするとB の4のセルには490という数字が入っています。計算式が入っているセルでは計算式を数式バーで確認することが出来ます。見てみましょう。G 列に合計を求める計算式が入っています。ではG の4をクリックしてG の4をアクティブセルにします。すると数式バーにはその計算式を確認することが出来ます。数式バーの下にあるのが列番号です。列番号はアルファベットで表せます。又 左端にあるのは行番号です。行番号は数字で表せます。さらに画面の右にあるのは垂直スクロール・バーです。スクロール・バーは画面に表示されてない部を表示することが出来ます。下向き三角をクリックするか下向き三角を押さえたままにすると下に、上向き三角をクリックするか上向き三角を押さえたままにすると上に、スクロールすることが出来ます。又 ワークシートは横にも広いですので下の方には水平スクロール・バーも表示されます。 右向き三角や左向き三角を使って横方向にのスクロールも可能です。又、画面の一番下にあるのはステータス・バーです。ステータス・バーは実行中の操作に関する様々の情報が表示されます。ステータス・バーの右端にはズーム・スライダが用意されています。画面を拡大したり縮小したりする事も可能です。このレッスンではExcel 2016の画面構成について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。