Excel 2016 基本講座

アクティブセルを移動する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アクティブセルの移動について解説します。アクティブセルとは現在入力や編集を行う対象として選択されているセルのことです。キーボードやマウスを使ってすばやくアクティブを移動することができます。
03:21

字幕

このレッスンではアクティブセルの移動について解説します。キーボードやマウスを使って素早くアクティブセルを移動することが出来ます。使用するブックがChapter_1 です。このブックの管理表のシートがアクティブシートにしましょう。まずはマウスを使ってアクティブセルの移動です。マウスでクリックしたセルがアクティブセルになります。アクティブセルが太枠で囲まれます。アクティブセルの位置は名前ボックスに表示されます。次にキーボードを使ってのアクティブセルの移動見てみましょう。キーボードの方向キーを使い矢印の方向に一つずつアクティブする移動します。下向き方向キーを押すと下に上向き方向キーで上右向き方向キーで右そして左向き方向キーで左に一つずつアクティブするを移動させることが出来ます。又Enter キーを押すとアクティブセルを下に移動することが出来ます。Tab キーを押すとアクティブセルは右に移動します。その他にも便利なキー操作がありますので別のシートを使って見て行きましょう。ブック内の売上一覧のシート見出しをクリックし売上一覧のシートをアクティブシートにします。ここには 縦に長い表が作成されています。 ではこの表を使ってアクティブセルをデータ範囲の端まで移動して見ましょう。表内の任意のセルをアクティブセルにします。では下端に移動しますのでキーボードのCltr キーを押さえたまま下向き方向キーをちょんとタイプします。するとデータ範囲の下の端までアクティブセルが移動しました。この様にCltr キーを押さえながら上下左右いずれかの方向キーをタイプするとデータ範囲のそれぞれの端のセルまでアクティブセルが移動します。もし データ範囲途中に空白セルがあればその空白セルにアクティブセルが移動します。このCltr + 方向キーのキー操作は押し過ぎるとワークシートの橋までアクティブセルが移動してしまいますので注意しましょう。もし 端までアクティブセルが移動してしまったらキーボードのCltr キーを押さたままHome キーをタイプするとアクティブセルがどこにあっても必ずA の1に戻る様になっています。キー操作によるアクティブセルの移動を纏めましたので見てみましょう。方向キーを使って矢印の方向にアクティブセルが移動します。Enter キーで下のセルTab キーで右のセルCltr + Home でセルのA の1にアクティブセルが移動します。 Cltr + いずれかの方向キーでデータ範囲の端のセルその他にもPageUp やPageDown を使って1画面ずつスクロールすることも可能です。このレッスンではアクティブセルの移動について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。