Excel 2016 基本講座

リボンとクイックアクセスツールバーをカスタマイズする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コマンド実行時に頻繁に使用する「リボン」と「クイックアクセスツールバー」をユーザーの好みに合わせてカスタマイズする手順を解説します。
05:57

字幕

このレッスンではコマンド実行時に頻繁に使用するリボンとクイックアクセスツールバーをユーザーの好みに合わせてカスタマイズする手順を解説します。まずはリボンのカスタマイズから見て行きましょう。リボンにはコマンドを実行するメタのボタンが各タブに分類別れて配置されています。ではこれから現在表示されていないタブを一つ表示してみます。表示するタブは開発タブというタブです。今リボンには開発タブはありません。では表示して見ましょう。ファイルタブをクリックします。左のメニューからオプションをクリックします。Excel のオプションのダイアログボックスが表示されましたら左のメニューからリボンのユーザー設定をクリックします。オプション画面に右側に表示されています。メインタブにチェックが付いている項目が現在表示されているタブです。開発タブにはチェックが付いていませんね。では開発 タブをクリックしてチェックを付けます。これで表示タブの次に開発タブが表示されるはずです。見てみましょう。下にありますOK ボタンをクリックします。すると表示タブの次に開発タブが登場しました。この様にオプションを使って表示されてないタブを画面上に表示することが出来ます。 では続いて非表示にする操作も見て行きましょう。ファイルタフをクリックします。オプションをクリックします。リボンのユーザー設定をクリックしたら先程チェックを付けた開発の項目のチェックボックスをクリックしチェックを外します。下にありますOK ボタンをクリックして結果を確認しましょう。開発タブが画面上から非表示となりました。では続いてユーザー独自のタブを一つを作って見ましょう。作成するタブは印刷というタブです。今リボンには印刷タブはありません。では作成して見ましょう。ファイルタブをクリックし、オプションをクリックします。オプションのダイアログボックスが表示されたらリボンのユーザー設定をクリックしメインタブの下の方に新しいタブというボタンがありますのでこの 新しいタブをクリックします。すると新しいタブという項目が登場しました。新しいタブの名前を印刷に変更しますので新しいタブをクリックで選択し下の方にあります 名前の変更ボタンをクリックします。すると名前の変更のボックスが表示されますので、ここに印刷と入力します。OK ボタンをクリックすると先程の項目が印刷に変わりました。ではこの印刷のタブを新しいグループにボタンを追加します。 右の基本的なコマンドの一覧からではクイック印刷クリックで選択し真ん中の追加ボタンをクリックしましょう。すると印刷のタブの配下にクイック印刷が登録されました。ではもう一つ 印刷プレビュー印刷というコマンドも追加しますのでクリックで選択し、真ん中の追加ボタンをクリックします。すると印刷プレビュー印刷と印刷も同じ様に登録することが出来ます。ではOK ボタンをクリックして確認しましょう。右下のOK ボタンをクリックします。これでホームタブの右に印刷のタブが表示されましたね。クリックで印刷タブに切り替えると 先程登録した クイック印刷と印刷プレビューと印刷というボタンが表示されています。この様にユーザー独自のタブを作成することも可能です。では解除方法を見ておきましょう。ファイルタブをクリックしオプションをクリックしExcel のオプションのリボンのユーザー設定クリックしたら先程登録した印刷の項目をクリックで選択します。後は真ん中にあります削除ボタンをクリックするとこれで解除することが出来ます。OK ボタンをクリックして結果を確認しましょう。印刷のタブを解除することが出来ました。では続いてクイックアクセスツールバーのカスタマイズを見て行きましょう。 クイックアクセスツールバーには使用頻度の高いコマンドを配置することが出来ます。クイックアクセスツールバーの右にあります下向き三角をクリックします。チェックが付いている項目が現在画面上に表示されてボタンです。では一番上の新規作成をクリックしてチェックを付けます。すると新規作成のボタンをクイックアクセスツールバーに表示することが出来ました。追加したボタンを非表示にする場合にはもう一度下向き三角をクリックし新規作成をクリックしてチェックを外せば、これで非表示となります。又 クイックアクセスツールバーはリボンの下に配置することが出来ます。クイックアクセスツールバーの下向き三角をクリックします。ドロップダウンリストの一番下リボンの下に表示という項目をクリックするとこれでリボンの下にクイックアクセスツールバーを表示することが出来ました。クイックアクセスツールバーに沢山のボタンを配置して使われる方はこの様にリボンの下に配置しておくと使い易いですね。では 元の位置に戻していきましょう。クイックアクセスツールバーの右にあります下向き三角をクリックします。一番下の リボンの上に表示をクリックすると元の位置に戻りました。 このレッスンではリボンとクイックアクセスツールバーをカスタマイズする操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。