Excel 2016 基本講座

新規ブックを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
新規ブックの作成について解説します。空白のブックから新規作成する方法とテンプレートを活用する方法を紹介します。
03:35

字幕

このレッスンでは新規ブックの作成について解説します。空白のブックから新規作成する方法とテンプレートの活用する方法を紹介します。Excel を起動した直後のスタート画面には空白のブックを作成するテンプレートが用意されています。では新規作成しますので空白のブックをクリックします。これで新しいブックを作成することが出来ました。Excel のタイトルバーにはBook1 と表示されています。因みに既にExcel で作業中の場合はファイルタブをクリックし左のメニューから新規をクリックするとバックステージ・ビューに新規画面を表示することが出来空白のブックをクリックすると新しいブックを作成することが出来ます。では続いて テンプレートを活用してブックを作成して見ましょう。ファイルタブをクリックし新規をクリックします。バックステージ・ビューの新規画面には予めデザインされたお薦めのテンプレートが豊富に用意されています。テンプレートを活用すると目的に応じたブックを素早く作成することが出来ます。気になるテンプレートがあってらサムネイルをクリックするとサンプル画面で表示することが出来ます。サンプル画面の左右にはサンプルを切り替えるナビゲーションが用意されていますのでクリックしてテンプレートを切り替えながら探し出すことも出来ます。 サンプル画面を閉じるには右上に閉じるボタンが用意されていますので閉じるボタンをクリックして閉じることも出来ます。では今回はテンプレートを活用して請求書を作成して見ましょう。目的のテンプレートを探し出すにはオンライン検索が便利です。上部にありますオンラインテンプレートの検索ボックスにクリックにカーソルを出しここにキーワードを入力します。では今回は請求書と入力しEnter キーを押すか右にあります検索の開始ボタンをクリックすると検索が実行され、結果が表示されます。又 右にはカテゴリー一覧が表示されますのでカテゴリーを絞り込むことも可能です。例えば 小規模ビジネスって所をクリックすると小規模ビジネスのカテゴリーに絞り込んだ結果が表示されます。絞り込みを解除するには絞り込んだ項目にはマウスポインターをポイントすると右に解除ボタンが表示されますので解除ボタンをクリックすると絞り込みを解除することが出来ます。では活用するテンプレートを決めていきましょう。今回はこちらのテンプレートを使用しますのでまずはクリックしてサンプル画面を表示します。サンプル画面の下にその他のイメージという項目がある場合にはそのテンプレートは複数ページで構成されています。 右向き三角や左向き三角をクリックして確認することが出来ます。では 作成ボタンをクリックして請求書を作成します。これでテンプレートを活用して新規ブックを作成することが出来ました。このレッスンでは新規ブックの作成について空白のブックから新規作成する方法とテンプレートを活用する方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。