Excel 2016 基本講座

セルに入力できるデータの種類について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excelのセルに入力できるデータの種類についてサンプルデータを用いて解説します。
02:18

字幕

このレッスンではExcel のセルに入力出来るデータの種類についてサンプルデータを用いて解説します。使用するブックはChapter_2 です。このブックのデータ入力シートをアクティブシートにしましょう。ではこれからデータの種類について見て行きましょう。Excel のセルに入力出来るデータは基本的には定数と数式の二つに大別されます。又 定数は文字・数値・日付/時刻の三種類に分類されます。それぞれのデータの例が右にありますので参考にしましょう。又 数式のデータの例が下にありますので少し下に画面をスクロールして確認して行きましょう。ここには在庫管理表が作成されています。C 列には前期の在庫D 列には今期の仕入れそしてE 列には今期の売上が入力されていますのでこの数値を使って今期の在庫は計算式を用いて求めることが出来ますね。F 列には数式が作成されます。見てみましょう。F の12のセルはアクティブセルにします。すると数式バーで数式を確認することが出来ます。Excel ではイコールで始まるデータを数式として認識します。今は数式の内容はそれ程重要ではありませんので難しく考えないようにしましょう。もう一度言いますがExcel ではイコールで始まるデータを数式データとして認識します。 この様にセルに入力されたデータの内容は数式バーで確認出来ますので覚えておきましょう。勿論 文字が入力されているセルがアクティブセルになると文字データを数式バーで確認することが出来ます。このレッスンではセルに入力出来るデータの種類についてサンプルデータを用いて解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。