Excel 2016 基本講座

数値や、日付/時刻を入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セルに数値や日付/時刻データを入力する手順について解説します。数値、日付/時刻のそれぞれの入力方法を実習します。
07:30

字幕

このレッスンではセルに数値や日付/時刻のデータを入力する手順について解説します。使用するブックはChapter_2 です。このブックのデータ入力シートをアクティブシートにしましょう。ではこれから空いているセル範囲を使って数値データと日付/時刻データの入力手順を見て行きましょう。まずは数値データの入力からです。H の9のセルに123と入力しますではH の9のセルをアクティブセルにします。そしてキーボードから数値を入力します。1と入力するとカーソルが点滅します。続けて2、3と入力しEnter キーで確定します。これでH の9のセルに123という数値データを入力することが出来ました。データを確定するとアクティブセルが一つ下に下がります。123と入力したH の9のセルをもう一度アクティブセルにしましょう。するとセルの内容は数式バーでも確認することが出来ます。又、入力したデータを削除するには、削除したいデータをアクティブセルにしキーボードのDelete キーをタイプします。Delete キーでデータを削除することが出来ます。この様にデータを入力する手順はデータを入力するセルをアクティブセルにする、そしてデータをキーボードから入力する、そしてEnter キーで確定するという手順で行います。 入力したデータを削除するには先程の様にDelete キーで削除することが出来ます。では入力途中に間違えたデータを入力してしまったら...見てみましょう。H の9がアクティブセルになっていることを確認し123と入力したかったのですが、間違えて122と入力してしまいました。Enter キーで確定するまではカーソルが点滅していますので、ここでBackspace キーをタイプするとカーソルのある左の文字を削除することが出来ます。この様にBackspace キーをタイプすることで一文字ずつ文字を削除することが出来ますので、Enter キーで確定するまではBackspace を使うと良いでしょう。ではもう一度123と入力しEnter キーで確定します。では続いてH の10のセルに0.08 と入力します。キーボードから 0.08 と入力しEnter キーで確定すると、この様に小数点以下の数値も入力することが出来ます。続いてその下のH の11のセルにパーセント形式で数値を入力します。5パーセントと入力しましょう。キーボードから 5%と入力しEnter キーで確定するとちゃんと 5% と入力することが出来ます。 Excel が数値と認識したものは初期設定でセルの中で右寄せで表示されます。因みに文字は左に寄って表示されます。次の二分の一後程行いますので置いておきましょう。では次に日付/時刻の入力を見て行きましょう。I の9のセルに1月2日と入力します。I の9のセルをアクティブセルにします。日付はスラッシュを使って入力します。では、1スラッシュ2、と入力しEnter キーを押すと1月2日と表示されました。この様に 月 スラッシュ 日と入力すると、自動的に月日という表示形式が適応されます。データを入力したセル I の9のセルをアクティブセルにし数式バーで確認しましょう。数式バーには2015/1/2と表示されています。先程の様に 月 スラッシュ 日と入力すると自動的に入力時の年もデータに含まれます。勿論入力時に年を入力することも出来ます。見てみましょう。一つ下のI の10のセルをアクティブセルにし、キーボードから2015/1/2と入力すると2015年の1月2日として入力した通りに表示されます。この様に日付の表示形式はいろいろとありますが、難しく考える必要はありません。ここでは日付はスラッシュを使って入力するということを覚えましょう。 では続いて時刻の入力です。時刻はコロンを使って入力します。ではこのサンプルの様に3時のデータを入力しましょう。J の9のセルをアクティブセルにし、キーボードから3 コロンと入力してEnter キーを押すと、3時のデータを入力することが出来ました。J の9のセルをアクティブセルにし数式バーで確認しましよう。数式バーには3:00:00と表示されていますね。先程の様に3 コロンと入力してEnter キーを押すと自動的に0分0秒というデータも含まれます。勿論 このサンプルの様に入力時に分と秒を指定することも出来ます。やってみましょう。J の10のセルをアクティブセルにし19 コロン 5 コロン20 と入力し Enter キーを押すと、分と秒のデータを入力することが出来ます。では最後に先程飛ばしていました分数の入力を見ていきましょう。数値を分数で入力するにはどうするか。1 スラッシュ 2と入力してしまうと先程見た様に1月2日になってしまいます。そこで分数を入力するには特別な方法を取ります。やってみましょう。ではH の12のセルに2分の1のデータを入力します。H の12はアクティブセルにしキーボードからまず0を入力します。 そしてSpace キーで空白を一つを入れて1/2この様に先頭にゼロと空白を入力した後、分数を入力すると分数データとして入力することが出来ます。Enter キーを押すと2分の1と表示されましたね。H の12をアクティブセルにすると数式バーには0.5と表示されます。2分の1は0.5です。この様な仕組みになっていますので、例えば三分の一と入力したいのであれば0、Space、1、スラッシュ、3と入力すれば三分の一データを入力することが出来ます。このレッスンでは数値や日付/時刻のデータの入力について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。