Excel 2016 基本講座

文字データを入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セルに文字データを入力する手順について解説します。英字、日本語文字の入力や、数字を文字として入力する方法も実習します。
05:18

字幕

このレッスンではセルに文字データを入力する手順について解説します。アルファベットや日本語文字の入力に加えて数字を文字として入力する方法も解説します。使用するブックは Chapter_2 です。このブックの「データ入力」のシートをアクティブシートにしましょう。ではこれから空いているセル範囲を使って文字データの入力操作を見ていきましょう。H の 9 のセルにabc という文字データを入力します。H の 9 のセルをアクティブセルにします。キーボードから文字を入力し始めると、自動的にカーソルが点滅します。データを入力したら Enter キーで確定します。この様にデータの入力手順は「データを入力するセルをアクティブセルにする」そして「データを入力する」そして「データを確定する」という手順で行いましょう。データを確定するとアクティブセルが1つ下に下がります。abc のデータを入力したセルをアクティブセルにすると、数式バーでもその内容を確認することが出来ます。では続いて削除です。入力したデータを削除するには削除したいデータのセルをアクティブセルにしキーボードの Del キーをタイプします。これで削除です。 では入力途中に間違えた文字を入力してしまったらどの様に直すのか見ていきましょう。H の 9 のセルがアクティブになっていることを確認しキーボードからabc と入力しようとしたのですが、間違えてabb と入力してしまいました。データを確定するまではカーソルが点滅していますのでBackspace キーを使って文字を一文字ずつ削除することが出来ます。c を入力して Enter で確定します。この様にデータを確定するまではカーソルが点滅しますので、Backspace キーを使ってカーソルの左の文字を消して修正することが出来ます。では続いて日本語の入力も見ていきましょう。H の 10 のセルに「りんご」と入力します。H の 10 のセルがアクティブセルになっていることを確認し日本語入力をオンにしたらキーボードから文字を入力します。文字を入力したら Enter キーで文字を確定します。そしてもう一度 Enter キーを押しデータを確定しましょう。では続いてカタカナや漢字に変換して日本語の文字を入力してみましょう。H の 11 に「カメラ」その下に「東京」と入力します。H の 11 がアクティブセルになっていることを確認しキーボードから文字を入力します。 変換したら文字を Enter キーで確定します。更にもう一度 Enter キーを押してデータを確定します。キーボードから文字を入力したら変換しEnter キーを一回押すと文字の確定、そしてもう一度 Enter キーを押してデータの確定です。この様に日本語入力オンの場合は、文字の確定とデータの確定の為にEnter キーを二回押します。では続いて数字を文字として入力する操作を見ていきましょう。I の 9 のセルに数字の 001 と入力してみます。I の 9 をアクティブセルにし、では日本語入力をオフにしたら「001」と入力します。データを確定するまではセルには 001 と表示されていますが、ここで Enter キーでデータを確定すると数字の「1」 となります。アクティブセルを I の 9 に移動し数式バーで確認してもデータは「1」として入力されています。それで 001 というデータを入力するにはどうするか。数字を文字として入力すれば良いです。数字を文字として入力するには、データの先頭にシングルコーテーションを付けて入力します。ではやってみましょう。「1」と入力したセルは Del キーで「1」を削除しておきます。 では I の 9 のセルにこれから001 と入力してみます。キーボードからまずはシングルコーテーションを入力します。その後に「001」と入力します。Enter キーで確定すると今度はちゃんと「001」とデータを入力することが出来ました。シングルコーテーションを付けて数字を文字として入力したセルの左上には小さい緑色の三角が表示されます。これは数字が文字として保存されていますという印です。印刷には映りません。このレッスンではアルファベットや日本語文字の入力に加えて数値を文字として入力する方法についても解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。