Excel 2016 基本講座

データをより効率的に入力する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データを効率よく入力する方法について解説します。あらかじめ入力したいセルを範囲選択してデータを入力すると、選択した範囲内でアクティブセルを移動することができ、より効率的に入力することができます。
04:24

字幕

このレッスンではデータを効率よく入力する操作について解説します。ブック Chapter_2 の「データ入力」のシートをアクティブシートにしましょう。では 10 行目以降を使っていきますので画面の下にスクロールします。右の方の空いているセル範囲を使って予め入力したセル範囲を選択して効率よくデータを入力する操作を見ていきましょう。これから I の 12 からK の 16 のセル範囲に左の表と同じ様に「前期在庫」「今期仕入」そして「今期売上」を入力します。この様に予め範囲選択しておくと範囲選択内でのみアクティブセルが移動しますので効率よくデータの入力が出来ます。I の 12 から K の 16 まで選択します。キー操作を確認しておきましょう。Enter キーを押すと下のセル下のセルとアクティブセルが移動し、I の 16 まで来てEnter キーを押すとJ の 12 に移動します。この様に Enter キーで下方向に次のセル次のセルと選択した範囲のみ移動します。又 Tab キーを押すと右のセル右のセルと選択範囲でのみアクティブセルを移動させることが出来ます。この時マウスでクリックしたりキーボードの方向キーを使ったりすると、範囲選択が解除されてしまいますので注意しましょう。 もし解除してしまった場合にはもう一度範囲選択をしましょう。そこでもし Enter キーを押し過ぎて下に行き過ぎたという場合には、キーボードの Shift キーを押さえたままEnter キーを押すと上のセルに戻るようになっています。Tab キーの場合も同じです。 Tab キーを押し過ぎて右に行き過ぎたという場合にはShift キーを押さえたまま Tab キーを押すと左のセルに戻るようになっています。ではこれから 「前期の在庫」から「今期の売上」まで入力して見ましょう。キーボードからデータを入力し、Enter キーを押しながら効率よくアクティブセルを移動して、データの入力が出来ますね。範囲選択をしていない場合には、下にはアクティブセルが移動しますが自動的には上にはアクティブセルは上がってくれません。よって この様に選択していることで効率よくデータを入力することが出来ます。もし Enter キーを押し過ぎた場合には、慌てず先程説明した様にShift キーを押さえながら Enterとすると上のセルに戻りますので、続けてデータを入力することが出来ます。これで効率よくデータを入力することが出来ました。 では次の操作に移りますので入力したデータはDel キーで削除しておきましょう。次に見て行くのは選択範囲以内に一度に同じデータを入力するという操作です。ではやってみましょう。I の 12 から K の 16 の範囲が選択されていることを確認し、キーボードから任意のデータを入力します。データを確定する時に Ctrl キーを押さえたまま行います。では Ctrl キーを押さえてEnter キーを押します。すると選択していた範囲以内に同じデータが一括で入力されました。この操作は離れているセル範囲でも有効です。では適当に任意のセルをCtrl を押さえながら離れているセル範囲を少し指定しましょう。この様に離れているセル範囲を選んでおき、キーボードからデータを入力してCtrl を押さえながらEnter とすると、この様に同じデータを離れているセルに入力することも出来ますね。このレッスンでは予め入力する範囲を選択しておきデータを効率よく入力する操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。