Photoshop CC 画像修正入門講座

コンテンツに応じた移動ツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
被写体の位置を画面の中で移動させたいときに使うツールについて解説します。
講師:
03:33

字幕

ac写真に写っているある被写体の位置を画面上少しずらして表示させたい、そんな時に使える機能がコンテンツに応じた移動ツールです。このツールを使えば自由に被写体の位置を変えることが可能です。それではコンテンツに応じた移動ツールの使い方についてこれから見ていくことに致しましょう。画面に表示してあるのがタカが写っている写真です。このタカの部分をこれから移動させていきたいと思います。なおこの画像データですがプエロジェクトパネルに収納されています。ダウンロードして頂ければ同じように修復作業を試して頂くことができます。それでは作業に入っていきましょう。まず最初にレイヤーを一つ作っておきます。新規レイヤー作成ボタンでレイヤーができました。レイヤーの文字の所をダブルクリックすると名称が変えられますのでもし新たな名称を使った方が作業し易い場合はわかりやすい名称を例えば image 01 などと使ってみて下さい。それではコンテンツに応じた移動ツールを起動します。左側にあるツールパネルの中からここのスポット修復ブラシがある、この中のポップフライメニューこの中の下から二番目ここにコンテンツに応じた移動ツールとあります。 ここを選びクリックします。これで起動ができました。これを起動するともうすでにこのタカの位置をクリックしながらラインでこのように囲むことができます。移動させたいものをクリックしながらこのように指定していきます。これでできました。この選択範囲が決まりましたら次にコンテンツに応じた移動ツールのツールオプションバーも見ておきましょう。まずここですが最初の部分はこれは新規作成ここの設定で大丈夫です。そして右側に入ってモードの部分になります。モードの部分は移動と拡張とあります。今回のように単に場所を移動させるのであればこの移動の方を選んでおきます。ここで移動を選び(クリック)クリックします。そして適応の部分ですがここはドラッグ先の画像の適応度合いを示しています。特に指定がなければ中間の部分この部分を選んでいいと思います。もしイメージの所にどのような画像にするのかというものがあれば非常に厳密にもしくは非常にゆるくなどその時の度合いに応じて選ぶといいでしょう。レイヤーは全レイヤーを対象を選んでおきます。ですのでこのチェックボックスを入れておいて下さい。これで設定ができました。そして先ほどタカの周りを囲んだ線この中にカーソルを持っていきここをクリックしこのままドラッグしていきます。 そして移動させたい位置までこのままドラッグしていきます。ここでは、このタカの右後ろの方の隅の所まで持っていきましょう。このように右後ろの方この段階ではまだ最初に写っているタカもそのまま表示されています。だいたいこの辺りにしましょう。ここでドラッグを外します。すると、このように移動ができました。これで簡単に被写体の位置を移動させることができるわけです。コンテンツに応じた移動ツールを使えば被写体の位置を自由に画面上で移動させることができます。効果的に使えば画像修正にはとても役立つツールです。一度試してみて下さい。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。