Excel 2016 基本講座

操作を取り消す、やり直す

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実行した操作の取り消し・やり直しについて解説します。Excelの作業中は変更操作が記憶されていますので、簡単に操作内容を取り消したり、やり直したりできます。
02:16

字幕

このレッスンでは実行した操作の取り消しとやり直しについて解説します。使用するブックは Chapter_2 です。このブックの「データ入力」のシートをアクティブシートにしましょう。では 10 行目以降のデータを使っていきますので見易い様に画面をスクロールしておきます。まずは操作の取り消しややり直しに使うボタンを確認しておきましょう。クイックアクセスツールバーの矢印が曲がっているボタンが 2 つあります。左のボタンが元に戻すボタンで右のボタンがやり直しボタンです。今は「元に戻せません」「やり直しできません」と表示されています。なにも操作を行っていないからです。何か操作を実行するとボタンが使える様になります。では実際に操作をしてボタンの使い方を確認しましょう。日付を変更します。F の 10 のセルをアクティブセルにしでは日付は任意の日付を入力します。今 日付を変更しましたね。更にもう少し編集しましょう。数値データを削除しましょう。C の 12 のセルからE の 16 のセル範囲を選択しDel キーでデータを削除しました。今、日付の変更とそれからデータの削除を実行しましたね。クイックアクセスツールバーのボタンに注目しましょう。 「元に戻す」ボタンが使える様になります。では「元に戻す」ボタンを1回クリックすると先程削除した数値データを元に戻すことが出来ます。更にもう一度「元に戻す」ボタンをクリックすると、変更した日付も元の日付に戻すことが出来ました。「元に戻す」ボタンを使って操作を元に戻した後は、右にあります「やり直し」ボタンが使える様になります。この「やり直し」ボタンをクリックすると、元に戻した操作をもう一度やり直すことが出来ます。この様な便利なボタンがクイックアクセスツールバーには用意されていますので、必要に応じて活用しましょう。このレッスンでは実行した操作の取り消しとやり直しについて解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。