Excel 2016 基本講座

データを検索する、置換する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データの検索・置換について解説します。検索・置換機能は一括で作業を実行することが可能です。
03:27

字幕

このレッスンではデータの検索と置換について解説します。使用するブックは Chapter_2 です。このブックの「検索と置換」のシートをアクティブシートにしましょう。ここには東京、名古屋、大阪地区のそれぞれの社員情報が入力されています。ではこの社員情報の中から「商品企画部」のデータを探し出したいと思います。一つ一つを見て行くのは大変ですよね。そこで検索機能を活用します。「ホーム」タブ右端の「検索と選択」ボタンをクリックし、一番上の「検索」をクリックします。すると「検索と置換」のダイアログボックスが表示され「検索」タブが選択されています。「検索する文字列」 に 「商品企画部」と入力します。下にあります「次を検索」をクリックすると1 つずつ「すべて検索」をクリックすると一括で検索が出来ます。では「すべて検索」をクリックします。これで検索は完了です。ボックス内には「4 セルが見つかりました」と表示されていて一つ目のセルがアクティブセルになっていますね。1つ目は D の 5 のセルです。それ以外にも N の 6 のセルやI の 11 D の 14 などが「商品企画部」と入力されているようです。ではリストアップされたそれぞれの項目をクリックすると、アクティブセルを切り替えて確認することが出来ます。 この様に検索機能を活用すると、大量のデータの中から目的のデータを素早く探し出すことが出来ます。検索結果の確認が済んだら、閉じるボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。では次に、データの置き換えを見ていきましょう。今回は「商品企画部」をマーケティング部に置き換えます。使用するのは「ホーム」タブ右端の先程と同じ「検索と選択」ボタンです。「検索と選択」ボタンをクリックします。上から 2 つ目の置換をクリックします。すると「検索と置換」のダイアログボックスが表示され、置換タブが選択されています。「検索する文字列」には先程検索した「商品企画部」が入力されています。検索を実行してない場合には空欄になっていますので商品企画部と入力する様にしましよう。次に「置換後の文字列」は「マーケテイング部」と入力します。「検索する文字列」 は 「商品企画部」「置換後の文字列」 は「マーケティング部」となったことを確認し下にあります「すべて置換」ボタンをクリックします。これで 4 件のデータを置換することが出来ました。メッセージが表示されますのでOK ボタンをクリックしましょう。「検索と置換」のダイアログボックスも閉じるボタンをクリックして閉じます。 結果を確認しましょう。先程まで商品企画部だったセルがマーケティング部に置き換わっていますね。このレッスンではデータの検索と置換について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。