Excel 2016 基本講座

合計を求める SUM関数

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合計を求める SUM関数について解説します。SUM関数を使うと、長い数式を入力することなく、簡単に合計を求めることができます。
05:22

字幕

このレッスンでは合計を求めるSUM 関数について解説します。SUM 関数を使うと長い数式を入力することなく簡単に合計を求めることが出来ます。見ていきましょう。使用するブックは Chapter_3 です。このブックの「売上表2」のシートをアクティブシートにしましょう。売上表が作成されていますね。10 行目の「数量」と「金額」の合計を求めてみましょう。まずは数量から。合計を求めるには関数を使わずに足し算でも可能ですよね。見てみましょう。イコールを入力し数量の入っているセルを一つ一つ参照しながら足していきます。(キーを押す音)これでも合計を求めることが出来ます。しかし 商品の数が増えてきた場合など一つ一つ足していくのは大変ですよね。そこで SUM 関数を使うと長い数式を入力することなく簡単に合計を求めることが出来ます。やって見ましょう。では 数式はいったん Del で削除していただきC の 10 のセルに今度はSUM 関数を使って数量の合計を出してみます。キーボードから=を入力し「SUM」と入力します。関数を使用した数式では=の右に関数名を入力し「(」を入力したらかっこの中に引数を指定します。 引数とは答えを出す為の材料の様なものです。じゃ 今回の引数はというと「数量」のセル範囲が入ります。よって キーボードから「数量」のセル「C5:」とと指定しても良いのですが入力するよりもマウスでドラッグすると素早くセル範囲が指定出来ます。C の 5 のセルからС の 9 のセルまでこの様にドラッグするとその範囲が引数に指定されましたね。後は「)」を入力しEnter キーで確定するだけ。これで関数を使った合計を求める数式を作成することが出来ました。又 SUM 関数は直接キーボードから入力する以外に「ホーム」タブの編集グループ―上の方にありますシグマの形をしたボタン「オートサム」というボタンを使って素早く入力することも出来ます。見てみましょう。ではもう一度数量の合計の数式をDel で削除し、では今度は数量の合計をボタンを使って求めてみます。「オートサム」ボタンを使った場合にはイコールが自動的に入力されますのでキーボードからイコールを入力しておく必要はありません。では「オートサム」のボタンをクリックします。するとアクティブセルにあった所にもう数式が出来上がっていますよね。「=SUM」かっこの中には正しい引数が指定されています。 後は Enter キーで確定するだけです。Enter キーを押すとこれで出来上がり。この様にオートサムボタンを使うと自動的にイコールが入力され数式が出来上がってきます。但し注意があります。今回は正しいセル範囲が自動的に認識されましたが、引数が正しく指定されるとは限りません。例えばどういう場合か見ていきましょう。離れているセルに SUM 関数を使って答えを出したい時など例えば E の 11 のセルをアクティブセルにし「オートサム」をクリックしてみます。すると引数は自動的には入ってきません。先程との違いはというと、アクティブセルがあった所の上か左に連続してデータが入っているセル範囲を引数に自動的に取るような仕組みになっていますので、上にも左にもデータがない時には引数は自動的には指定されませんので、この様な場合にはマウスでドラッグして引数を自分で指定する様にしましょう。これで合計を求める数式を作成することが出来ます。この様な仕組みになっていますので正しいセル範囲を引数に取ってこなかった場合にはマウスでドラッグして手直しをする様にしましょう。では「数量」の合計の数式を右にコピーして「金額」の合計も素早く求めます。 作成した SUM 関数の数式も引数がセル参照になっています。相対参照で指定していますので、右にコピーするとセル参照もD 列のセルを参照する様になります。アクティブセルを C の 10 のセルにおき右下隅のフィルハンドルを右にドラッグしこれで数式をコピーし「金額」の合計も求めることができました。このレッスンでは合計を求めるSUM 関数について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。