Photoshop CC 画像修正入門講座

ノイズの削減

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
デジタルノイズを減らす方法について解説します。
講師:
06:32

字幕

デジタル写真を拡大してみると小さな色のついた斑点のようなものが写り込んでいることがよくありますが、これはノイズと呼ばれるものでISO の設定値を上げた高感度撮影された画像や極端な露出不足で撮影された画像などによく発生します。この画像に発生してしまったノイズを軽減させる方法をここでは見ていくことに致しましょう。まずここに表示してあるこの画像この写真は星空を撮ったものですがこの写真を拡大してみると多くのノイズが発生しているのがわかります。拡大してみましょう。このように色のついた点のようなものが写っている所これがノイズになります。この画像を使ってノイズの修正作業を行なっていきます。なお、この画像ですがプロジェクトファイルの中に収納されています。ファイルの中から取り出して同じようにこの修復作業を試してみることができます。それでは作業に入る前に背景のコピーを作ります。まず画面を戻しておきます。レイヤーの背景のコピーはこのレイヤー画面この部分の背景の所ここをクリック&ドラッグします。このようにドラッグで新規レイヤー作成の部分この部分に持ってくることで背景のコピーができました。この背景のコピーを作っておくことで元画像を壊さずに修正を行なうことができます。 それではノイズの軽減作業に移っていきましょう。上にあるフィルターからノイズの部分さらにその中にあるノイズを軽減ここを選びクリックします。するとこのような詳細オプションが出てきました。この画面の中で写っているこの部分ここから拡大して画像を見ることができます。下にあるプラスの部分ここのプラスをクリックしていくことで200 パーセント300 パーセントこのように画像が大きく拡大されます。さらにこのパネルを少し横にずらしてこの元画像の部分今四角い部分が表示されましたがこの四角い部分を見たい所に当てることでこのように拡大されたものが自分の中で探したい所をこのように表示させることができます。それではこの設定値を見ていきましょう。画面を戻します。この設定値の中にはこのように四つの値が設定されています。この中のカラーノイズを軽減この部分をまず最初に見ていきましょう。ノイズの多くはこのカラーノイズに起因しています。今画面ではこのように幾つか色の付いた部分がありますけれどカラーノイズを軽減このバーをこれから変えていきます。この 100 パーセントにしてみましょう。色がだいぶなくなったのがお分かりかと思います。 さらにこれを 0 パーセントに戻していきます。0 パーセントに戻すと色が付いた点がまたここで復活して見えたのがわかります。これがノイズの部分を軽減です。ただこのカラーノイズの軽減を100 パーセントの高いものにしておけばいいというものではありません。先ほど100 パーセントにした時に少し画面が出てきましたけれど高ければ高い程ノイズが無くなる分写真の写り具合も平坦な形のものに変化してしまいます。ですから、ここは最小限にとどめる程度その程度の目安に使うのが目安としていいでしょう。この辺りの真ん中にバーを設定しておきます。そしてさらに上の部分この強さと書かれているこの部分ですがここはノイズレベルを調整します。輝きのあるノイズの部分のこの軽減の度合いを変えていく所です。さらにその下の部分ディテールを保持ここは画像の精密さを調整する項目になります。これを例えば100 パーセントにしたものさらには、ここから0 パーセントに持っていきます。0 パーセントにするとピントがぼけたような形で写るのがこれを見てわかります。この部分がディテールさを保持しているかそうでないかという所の違いになります。これも真ん中より少し上の部分これぐらいに今はしておきます。 さらにこの一番下のディテールをシャープにここは細かい部分細部のディテールを修復するシャープ量を調整します。これも同じようにここを上げていくと逆に高すぎるとこのように画像が少し荒れた形に見えてきます。さらにこれを0 パーセントにするとこれもフォーカスがすごく甘くなったような形に写ります。これも極端な設定値で合わすのではなくある程度これ位の目安の所に今はしておきましょう。そして一番下にあるチェックボックスがあるJPEG の斑点を削除これは JPEG の圧縮でできたノイズを修正するものです。該当する場合はこのチェックボックスにチェックを入れてOK を押します。ここではチェックボックスは外しておきます。このノイズを軽減の設定値にはこの画像にはこの値という明確な答えというのはありません。その都度イメージに合わせた設定値を探りながら設定していくという形になります。例えばこのサンプルの画像でしたら多少設定値を少しバラしてここは少し低めにそしてカラーのノイズ軽減は真ん中くらいシャープさはややこれ位このような形で仮に設定してOK にしておきます。それから先ほど作った背景のコピーで作った元画像とどれくらい変わったか比較してみましょう。 少し拡大してこれが元の最初の部分そしてこれが修正後明らかにカラーの部分のノイズが減っているのがわかります。このようにノイズを抑えるために使うこのような機能になります。このノイズを削減する機能はあまり大幅な設定は避けてノイズが目立たない程度に抑えて使うのが目安です。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。