Excel 2016 基本講座

セルに色を付ける、文字の色を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セルに塗りつぶしの色を付ける方法と、文字の色[フォントの色]の変更について解説します。色を変更することで特定のセルを強調表示することができます。
03:50

字幕

このレッスンではセルの色と文字の色の変更について解説します。使用するブックは Chapter_4 です。このブックの売上表5のシートをアクティブシートにしましょう。まずはセルの色の塗りつぶしから見ていきます。四行目の項目名にセルの塗りつぶしを設定しましょう。まずは範囲選択です。A の 4 からE の 4 のセル範囲を選択し―ホームタブ>フォントグループの下の段に用意されています。塗りつぶしの色の右にあります下向き三角をクリックします。カラーパレットが表示されますので任意の色をクリックしましょう。これで選択範囲内に色を付けることができました。セルに色を付けることでデータを強調することができます。では続いて文字の色を変更してみましょう。表のタイトルの売上表という文字の色を変更してみます。では A の 2 のセルをアクティブセルにしフォントグループ下の段フォントの色ボタンの下向き三角をクリックしではこちらも任意の色をクリックしましょう。これで文字の色を変更することができました。今変更したセルの色や文字の色の設定はダイアログボックスを使って一括で行ったりより細かい設定を行うこともできます。見てみましょう。 フォントグループのダイアログボックス起動ツールをクリックします。するとセルの書式設定のフォントタブが表示されました。フォントの色はこちらの下向き三角をクリックしてカラーパレットで指定することもできます。色以外にもフォントやスタイル サイズ色などの設定をまとめて行うことができます。また 塗りつぶしタブをクリックして選択すると―塗りつぶしの色とそれからパターンなどを変更することもできます。パターンで色を選択しその下にありますパターンの種類の中からいずれかのパターンを選択するとこのように柄の付いた塗りつぶしを設定したりできます。今回は確認だけですのでキャンセルボタンをクリックしてキャンセルしておきましょう。ダイアログボックスを使うとより細かい設定を行うことができます。またブック内のすべての配色をまとめて変更できる機能もありますので見てみましょう。ページレイアウトタブをクリックします。左端のテーマグループに注目しましょう。上のほうに「配色」というボタンがありますね。こちらを使うとブック内のすべての色を素早く変更することができます。「配色」ボタンをクリックします。今は一番上の Office という配色が選択されています。 ではこちらでその他の配色例えば緑という配色をクリックすると先程設定した色が緑色系の色に変化しましたね。また このようにテーマの配色を変更すると―ホームタブのカラーパレットに表示される色も更新されます。すべて緑色系の色になっていますよね。このようにページレイアウトタブのテーマグループの配色ボタンを使うことでブック内で使われている配色を素早く変更することができます。では配色は一番上の Office に戻しておきます。このレッスンではセルに色を付ける操作と文字の色を変更する操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。