Excel 2016 基本講座

列の幅と行の高さを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
列幅と行高の調整について解説します。入力されたデータの幅に合わせてセルの幅や高さを変更できます。文字数が多くてセルに表示しきれないときなどは、セルの列幅を調整して全体が表示されるようにします。
05:01

字幕

このレッスンでは列幅と行高の調整について解説します。使用するブックは Chapter_5 です。このブックの売上表1のシートをアクティブシートにしましょう。まずは1つの列の幅を手動で調整する操作から見ていきましょう。これからA列の幅を調整します。A列には商品名が入力されていますが幅が狭いので隠れて見えなくなっています。そこでA列を調整していきましょう。A列を手動で調整するには Aの列番号の右の境界線にマウスポインターをポイントし二方向の黒い矢印になったら右に向かってドラッグすると幅が広く左に向かってドラッグすると幅を狭くすることができます。ドラッグしているときに表示されるコメントは標準の文字の大きさで数値が何桁入るかという目安です。ではA列の幅は適当な幅に調整していきましょう。次に複数列を同じ幅に調整する操作を見ていきましょう。B列とC列を同じ幅に調整します。この場合はB列とC列をあらかじめ選択します。選択したらBの列番号の右の境界線かCの列番号の右の境界線にマウスポインターをポイントしドラッグすることで選択した二つの列を同じ幅に調整することができます。このように複数列を調整するにはあらかじめ選択しておきいずれかの列番号の右の境界線をドラッグしましょう。 離れている列を指定する場合には一つ目の列は普通にクリックし二か所目は Ctrl を押さえながらクリックすると離れている列を指定しドラッグ操作で同じ幅に調整することもできます。では次に自動調整見ていきましょう。A列の幅を自動調整します。自動調整とはその列内に入力されている一番長いデータに合わせて列幅を調整する機能です。長いデータが入っていると広く短いデータしか入っていないと狭くなります。ではA列を自動調整します。Aの列番号の右の境界線にマウスポインターをポイントし二方向の黒い矢印なったらダブルクリックします。これでA列の幅を自動調整することができました。列幅を調整している時には狭くしすぎないように注意しましょう。例えばD列を調整していて狭くしすぎました。するとこのように#が表示されたり指数が表示されることがあります。これは列幅が狭いからです。列幅を広げてデータを表示していきましょう。ここまで列幅調整を行ってきましたが行の高さの調整も考え方は同じです。行番号の境界線をドラッグすると手動調整で行の高さを高くしたり狭くしたりすることができます。行の高さを調整しているときのコメント表示はポイントという単位です。 例えば30.00という高さにすると30ポイントの大きさの文字を行内に収めることができるというわけですね。また 自動調整する場合はダブルクリックです。ダブルクリックするとその行内のフォントサイズに合わせて自動的に行の高さが調整されます。また列の幅や行の高さは行番号や列番号を右クリックして数値で指定することも可能です。例えばH列を右クリックし―「列の幅」 こちらをクリックすると列幅というダイアログボックスが表示されますのでここに10と入力しOKボタンをクリックすると幅を10の幅に設定することができ標準の文字の大きさで約十桁の数値を表示することができる幅です。行の高さも同じように 行番号を右クリックし「行の高さ」をクリックすると行の高さのダイアログボックスが表示されますのでここに30と入力しOKボタンをクリックすると30ポイントの大きさの文字を収めることができる行の高さを設定することができます。このレッスンでは列幅と行高の調整について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。