Excel 2016 基本講座

行や列を非表示にする、表示する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
行や列を非表示にする方法について解説します。表示と非表示のコマンドを使て行や列の表示を切り替えることができます。また、グループ化の機能を使って、行や列を折りたたむ方法についても紹介します。
03:55

字幕

このレッスンでは行や列を非表示にする方法について解説します。表示・非表示のコマンドを使って、行や列の表示・非表示を切り替えることができます。またグループ化の機能を使って、行や列を折りたたむ方法についても紹介します。使用するブックは Chapter_5 です。このブックの売上表3のシートをアクティブシートにしましょう。ここには売上表が作成されていますね。ではこれから、この表のB列の単価とC列の数量の列を非表示にしてみます。まずは非表示にしたい列を選択します。B列とC列を列単位で選択したら選択したBまたはCの列番号を右クリックします。ショートカットメニューの中から非表示をクリックします。これで選択した列を非表示にすることが出来ましたね。A列の次がD列になっています。C列とB列はいま非表示となっていますので隠れて見えなくなりました。次に再表示を見ていきましょう。いま非表示にしたB列とC列を再表示します。この場合には非表示なっている列をまたいでA列とD列を選択します。AまたはDの列番号を右クリックし、ショートカットメニュー一番下再表示をクリックします。これで非表示にした列を再表示することができました。 いま列を使って行いましたが、行の場合も考え方は同じです。行番号を右クリックして非表示と再表示を切り替えることができます。続いてグループ化機能を使って行や列を折りたたむ方法について見ていきましょう。グループ化の機能はデータタブの左に用意されていますアウトライングループを使って行います。では今回は5行目から10行目までをグループ化して折りたたんでみます。5行目から10行目までを行単位で選択しデータタブのアウトライングループ、グループ化のボタンをクリックします。これで選択した行をグループ化することができました。画面の左にはアウトラインのボタンが表示されていますね。ここで1レベルのボタンをクリックすると、グループ化した行を折りたたむことができます。2レベルのボタンをクリックすると展開することができます。またグループ化した位置には折りたたみボタンも用意されています。こちらのマイナスのボタンをクリックすると折りたたみ、プラスのボタンをクリックすると展開することができます。このようにグループ化の機能を使って行や列を折りたたんだり表示したりすることもできます。今は行で行いましたが、列の場合も折りたたみたい列があったら列を選択し先程と同様の方法でグループ化していくとよいでしょう。 では解除です。解除をする場合も解除した行を行単位で選択します。5行目から10行目までを行単位で選択したら、データタブ>アウトライングループのグループ解除のボタンをクリックします。これでアウトラインを解除することができました。このレッスンでは行や列の表示・非表示の切り替えとグループ化機能を使って、行や列を折りたたむ方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。