Excel 2016 基本講座

グラフを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラフの作成について解説します。Excelでは、表のデータを使って簡単にグラフを作成するツールが用意されています。作成したグラフと元の表との間にはリンクが設定され、表のデータを変更するとグラフも自動的に更新されています。
05:45

字幕

このレッスンではグラフの作成について解説します。エクセルでは表のデータを使って簡単にグラフを作成するツールが用意されています。作成したグラフと元の表の間にはリンクが設定され表のデータを変更するとグラフも自動的に更新されます。使用するブックは Chapter_6 です。このブックの調査表1のシートをアクティブシートにしましょう。ここには調査表が作成されていますね。4月から6月までの各年代ごとの来場者数が入力されています。ではこれから右にありますような縦棒グラフと円グラフを作成してみましょう。まずは縦棒グラフから作成します。三か月間の各年代ごとの来場者数を表す縦棒グラフです。まずは範囲選択です。グラフのもとデータとなる範囲を選択します。Aの3からBの9まで選択しました。このように3行目やA列の項目面も含めて選択しましょう。項目面含めて選択することでグラフを作成したときに項目軸や凡例として表示されます。データの選択ができたら挿入タブをクリックします。グラフグループに注目しましょう。グラフグループにあるボタンを使って様々なグラフを挿入することができます。棒グラフや折れ線グラフ 円グラフなどの様々な種類のグラフのボタンが用意されてます。 また一番右端のおすすめのグラフこちらを使用すると選択範囲内を使っておすすめのグラフの一覧が表示されます。では今回はおすすめのグラフから選んでいきますのでおすすめのグラフボタンをクリックします。するとグラフの挿入のダイアログボックスが表示されました。おすすめのグラフタブが選択されていますね。ここで左の一覧から使用したいグラフをクリックすると右にはサンプル表示されるようになっています。また すべてのグラフというタブをクリックするとすべてのグラフの中から使用するグラフを選択することも可能です。では今回はおすすめのグラフタブの一番上に表示されている集合縦棒を選択します。棒グラフは項目間の比較に適するグラフです。では下にありますOKボタンをクリックします。これで縦棒グラフを作成することができました。各年代ごとの月別の来場者数を比較することができるグラフです。作成したグラフと元データはリンクしていますので元のデータを変更すればグラフも自動的に更新されます。見てみましょう。では今回6月の50代のデータ今810となっていますがこちらを500に変更してみます。グラフを見ておきましょう。50代の6月のデータの系列はこちらですね。 では810を500と入力して確定するとグラフもこのように小さくなりましたね。元データとグラフはリンクしています。よって元のデータを変更すればグラフも自動的に更新されます。では元に戻すをクリックして810に戻しておきます。また作成したグラフを削除する場合にはグラフエリアと出るところをクリックしグラフ全体を選択したのちDelete キーを押します。これで削除です。このようにグラフは Delete キーを使って削除することができます。では元に戻すをクリックして戻しておきます。グラフを削除する際に何かの要素の上をクリックしてしまうとその要素のみの削除となりますので注意をしましょう。グラフ全体を選択するときにはグラフエリアをクリックします。今作成したグラフはグラフエリアにマウスポインターをポイントし下のほうに移動しておきます。ドラッグ操作で移動することができますので下のほうに移動しておきましょう。では次に3Dの円グラフを作成しましょう。各年代の合計来場者数の比率を表す円グラフを作ります。まずは範囲選択です。Aの3からAの9までとEの3からEの9までを選択します。離れているセル範囲を選択するときには一か所目は普通にドラッグし二か所目をドラッグする際にキーボードのCtrl キーを押さえましょう。 選択ができたら挿入タブをクリックしグラフグループの今度は円グラフのボタンを使っていきましょう。円グラフにマウスポインターをポイントすると円またはドーナツグラフの挿入と出ます。こちらをクリックします。するとリストが表示されますのでこの中で「3‐D円」をクリックします。これで3Dの円グラフを作成することができましたね。合計来場者を100%とし各年代の来場者数を扇形の大きさで表すことができました。このレッスンではグラフの作成について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。