Excel 2016 基本講座

グラフの構成要素を追加・削除する

全379コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
グラフ要素の追加、削除について解説します。グラフタイトルや凡例、軸ラベルやデータラベルなどのグラフ要素は必要に応じて追加・削除が可能です。グラフ要素を適切に表示することでわかりやすいグラフになります。
05:14

字幕

このレッスンでは、グラフ要素の追加と削除について解説します。グラフ要素を適切に配置することで分かり易いグラフになります。使用するブックは Chapter_6 です。このブックの調査表3のシートをアクティブシートにしましょう。グラフが作成されていますね。このグラフを使って、グラフ要素の追加、削除を見ていきましょう。まずは、使用するツールの確認です。グラフを選択すると、グラフツールが表示され「デザイン」タブの一番左端「グラフ要素を追加」ボタンを使ってグラフの要素を追加することができます。また、選択したグラフの右上にはグラフ要素のボタンが用意されますのでそちらをクリックしてグラフ要素を追加することも可能です。では、まずは縦棒グラフに項目軸ラベルを追加しましょう。縦棒グラフを選択します。「デザイン」タブの左端「グラフ要素を追加」ボタンをクリックします。ドロップダウンで追加できるグラフの要素の一覧が表示されました。では、軸ラベルですので軸ラベルにマウスポインターをポイントし第1横軸、項目軸は今回横軸ですから「第1横軸」をクリックします。これで項目軸ラベルを追加することができました。後は、文字列を変更するだけです。 では、今回は「年代」としておきましょう。これで、項目軸ラベルを追加することができました。では、次に折れ線グラフにグラフ要素を追加してみましょう。縦棒グラフを折れ線グラフに変更します。「グラフの種類の変更」ボタンをクリックして折れ線グラフに変更します。では、この折れ線グラフに降下線を追加しましょう。「グラフ要素を追加」ボタンをクリックします。「線」をポイントします。「降下線」をクリックします。折れ線グラフに、降下線を追加することができました。降下線を追加することで折れ線状の値がどの項目の値なのかがわかりやすくなります。確認できましたら、折れ線グラフは縦棒グラフに戻しておきます。元に戻すボタンを2回クリックして縦棒グラフに戻しておきましょう。では、次に円グラフにグラフ要素を追加してみましょう円グラフにはデータラベルを追加します。データラベルとは各データ要素につけるラベルのことです。円グラフを選択します。では、今度は選択して表示されました、グラフ要素のボタンを使って追加してみましょう。「グラフ要素」のボタンをクリックします。すると、グラフ要素を追加するチェックボックスが表示されました。データラベルを追加しますのでデータラベルにチェックを付けましょう。 これで、各データ要素にラベルを付けることができました。今表示されているラベルは値が表示されています。ラベルの種類も変えることができます。見てみましょう。グラフ要素ボタン内のデータラベルにマウスポインターをポイントすると右に、右向き三角が表示されました。右向き三角をクリックします。すると更にサブメニューが表示されましたね。一番下のその他のオプションをクリックしましょう。すると、データラベルの書式設定の作業ウィンドウが表示されました。ここでより細かい設定を行うことができます。今「値」にチェックがついていますので値が表示されています。では、今回は「分類名」と「パーセンテージ」にチェックを付け、「値」のチェックを外しましょう。すると、データラベル上には分類名とパーセンテージが表示されました。作業ウィンドウは使い終わったら閉じるボタンをクリックして閉じておきます。これで、データラベルを表示しデータラベルの種類も、値とパーセンテージに切り替えることができました。では、データラベルに分類名が表示されたので凡例はもう不要ですね。凡例を削除します。グラフ要素を削除したい場合には削除したいグラフ要素を選択しキーボードの Delete キーをタイプすれば、削除ができます。 グラフ要素を削除するとグラフの大きさも自動的に調整されて体裁よく整えられます。これで見やすい円グラフになりましたね。このように、グラフ要素は「デザイン」タブの「グラフ要素を追加」ボタンを使ったりグラフを選択して表示されますグラフ要素のボタンを使って追加することができます。また「デザイン」タブの左から二つ目「クイックレイアウト」のボタンにはグラフ要素を組み合わせたものがあらかじめ用意されていますのでこちらを使って、グラフのレイアウト全体を素早く整えることもできます。このレッスンでは、グラフ要素の追加と削除について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間54分 (108 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2016年02月08日
アップデート日:2017年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。