Excel 2016 基本講座

図形を挿入する、編集する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
図形の挿入・編集について解説します。表やグラフに円や三角、星形やブロック矢印など豊富な種類の図形を追加することができます。挿入した図形に文字列を追加することも可能です。
05:54

字幕

このレッスンでは図形の挿入、編集について解説します。表やグラフに様々の種類の図形を追加することが出来ます。又、挿入した図形に文字を入力することも可能です。使用するブックは Chapter_7 です。まずは、完成例を見ておきましょう。「アンケート結果_完成例」のシートをアクティブシートにします。アンケート結果のグラフ内には吹き出しが挿入されていますね。この様に図形を挿入することで特定のデータを強調したり、コメントを追加したり出来ます。ではこれから図形の挿入操作を見て行きましょう。「アンケート結果」のシートをアクティブシートにします。「アンケート結果」の見出しをクリックしましょう。ではまずはワークシート上の空いている範囲を使って図形挿入の基本操作から見てみましょう。これからワークシート上に四角形を描いていきます。図形を挿入するには「挿入」タブをクリックします。「図」グループの「図形」ボタンをクリックします。すると図形の一覧が表示されましたね。様々の種類の図形が用意されています。ではこの中から「四角形」のグループの左端正方形/長方形のボタンをクリックします。マウスを使ってワークシート上ドラッグするとこれで四角形を描くことが出来ました。 作成した図形を選択すると「描画ツール」というコンテキストタブが表示され「書式」タブを使って図形のスタイルを変更したり配置を変更したり編集することが出来ます。又、図形を削除するには削除したい図形を選択し Delete キーをタイプするとこれで削除することが出来ます。では元に戻すをクリックして戻しておきます。次に図形の移動とコピーを見て行きましょう。図形を移動するには図形内をドラッグします。これで図形を移動することが出来ます。次に図形をコピーするにはドラッグ操作をする時にCltr キーを押さえます。Cltr を押さえてドラッグするとこの様に図形をコピーすることが出来ました。続いてサイズ変更です。サイズ変更したい図形を選択します。選択した図形の回りには丸いサイズ調整ハンドルが表示されますのでサイズ調整ハンドルにマウスポインターをポイント二方向の白い矢印になりましたが外に向かってドラッグすると大きく内に向かってドラッグすると小さくなります。では、基本操作を確認出来ましたので実際にグラフに図形を追加して行きましょう。今作成した四角形は削除しておきます。複数の図形を選択するには 一つ目を普通にクリックし二カ所目以降をクリックする時に Shiftを押さえながらクリックします。 これで複数の図形を選択することが出来ます。では Delete キーを使って削除しておきましょう。先程、完成例で見た様なモダンテイストの40代のデータ要素を強調する。「いちばん人気」という吹き出しを挿入して見ましょう。グラフに図形を挿入する際にはグラフを選択します。グラフを選択しておくことでグラフ内に図形が挿入されます。では「挿入」タブをクリックします。「図」グループの「図形」ボタンをクリックします。下の方にあります 吹き出しグループの中から「線吹き出し1(枠付き)」をクリックします。グラフ内の任意の位置をドラッグしましょう。これでグラフに吹き出しを挿入することが出来ました。では続いて挿入した吹き出しに文字を追加します。吹き出しが選択されていることを確認しキーボードから文字を入力します。では今回は「いちばん人気」と入力しておきましょう。この様にキーボードから文字を入力すると自動的にカーソルが点滅し図形以内に文字を追加することが出来ます。では「書式」タブを使って図形のスタイルも変更してみましょう。「書式」タブの「図形のスタイル」の中には「図形の塗りつぶし」や 枠線の色を変更するボタン又図形に「影」や「ぼかし」を付ける様な「図形効果」のボタンも用意されています。 では今回は図形スタイルギャラリーの中から任意のスタイルをクリックします。これで図形に書式も設定することが出来ました。後は適当なサイズに調整して行きましょう。この様にグラフを選択し図形を挿入することでグラフ内に図形が挿入されます。グラフを移動した場合は 図形も一緒に移動します。グラフを選択せずに図形を描くとグラフと図形は切り離されてしまいますので注意をしましょう。このレッスンでは図形の挿入と編集について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。