Photoshop CC 画像修正入門講座

角度補正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
水平など角度調整する方法について解説します。
講師:
03:29

字幕

写真を撮る際に大事な基本の一つは水平を保って撮っているかということです。撮影した写真が水平になっていなくてもPhotoshop を使えばすぐに修正することができます。ここでは画像の角度調整する方法について見ていくことに致しましょう。画面に表示してある写真これはドラム缶が写っている写真ですが広角レンズを使って撮影した写真です。しかしよく見ると水平がきれいに整っていません。この画像を使ってこの水平をきれいに保つ修正をしてみたいと思います。なおこの画像のデータはプロジェクトファイルの中に収納されています。ファイルから取り出してもらえば同じ画像を使って修正を試してもらうことができます。それではこれから修正方法を試していきましょう。まず左側にあるツールパネルから切り抜きツールパネルの箇所を選びクリックします。ここをクリックすることで上のツールオプションバーに角度補正と書いたこのようなものが表示されます。この左にあるこのボタンこのボタンを押し込みます。このボタンを押してカーソルを画面上に持っていきクリック&ドラッグをしますとこのようにまっすぐした線が出てきます。この線がいわゆる定規の代わりとなって角度補正をしてくれるわけです。 ある程度は目分量の検討ですが角度をどれくらいになるのか自分で見当をつけながら少し探っていきながらクリック&ドラッグします。これ位でいかがでしょうか。そうすると先ほどよりもドラム缶の位置がきれいに垂直になり水平線もまっすぐ水平になりました。このように角度補正の機能を使えば水平が保てます。同じようにもう一度ここをクリックして今度は垂直のラインも同じようにこれを目安としてクリック&ドラッグすればこのように変化させることができます。さらにはこの画像の枠の外をここをクリック&ドラッグしてこのまま角度を変えれば、右方向に変えたり反対に左に変えたりとかこのように角度を変えることもできます。さらには四隅の所にハンドルと呼ばれる部分があり、この部分を狭めていけば写真画像の比率を変えることも可能になってきます。このように自由に写真の比率を自分の思うイメージ通りに変化させることができるわけです。一応ここで元に戻しておきます。少し先ほどよりも角度が水平よりずれましたのでもう一度直しておきましょう。先ほどのクリック&ドラッグでこれ位の角度でいかがでしょうか。これでかなり水平になり、ドラム缶の形も垂直で水平線も保てました。 この画像で OK の場合は右端にあるこの丸ボタンこの丸ボタンを押せば、これで確定されます。これを押し込みますと、このように画像がきれいに、水平を保った形で修正されました。このように水平垂直がとれて写っていない写真でも、簡単に角度補正を使えば、水平垂直にした写真に修正することができます。どうぞ試してみて下さい。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。