Excel 2016 基本講座

SmartArtを利用して図解を挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
SmartArtを利用して図解を挿入する操作について解説します。SmartArtとは情報を視覚的に表す図解を作成するために用意されているグラフィックデザインです。
04:35

字幕

このレッスンではSmartArt を利用して図解を挿入する操作について解説します。使用するブックはChapter_7 です。まずは完成例を見ておきましょう。アンケート結果_完成例のシートをアクティブシートにします。右の方にマトリックス形式のSmartArt が作成されていますね。SmartArt とは情報を視覚的に表す図解を作成する為に用意されているグラフィックデザインのことです。ではこれからSmartArt の挿入操作を見て行きましょう。使用するシートはアンケート結果のシートですので、アンケート結果のシート見出しをクリックしアンケート結果のシートをアクティブシートにしましょう。ではこちらにSmartArt を挿入します。挿入タブをクリックします。図グループのSmartArt グラフィックの挿入ボタンをクリックします。するとSmartArt グラフィックの選択のダイアログボックスが表示されました。左のメニューから、今回はマトリックス形式にしますのでマトリックスを選択し一番左の基本マトリックスをクリックします。右にサンプルが表示されますので参考にしましょう。下にありますOK ボタンをクリックするとこれで SmartArt を挿入することが出来ました。 SmartArt の左にはテキストウインドウが表示されます。このテキストウインドウ内に文字を入力していくとSmartArt に文字が表示されます。では一つ目の項目から文字を入力して行きましょう。一つ目は和風と入力します。この様に文字を追加するとSmartArt 内に文字が表示されてきましたね。では続けてそれ以降の項目も入力します。二つ目の文字を入力する位置をクリックしここには洋風と入力します。三つ目の文字入力の位置をクリックしここにはクラシックと入力しておきます。最後は モダン と入力します。これでそれぞれの図形内に文字列を配置することが出来ました。この様にSmartArt はテキストウインドウを使って効率よく文字を入力することが出来ます。因みにこのテキストウインドウは閉じるボタンが付いていますので閉じるボタンをクリックしてウインドウを閉じると次からは自動的には表示されません。そこでデザインタブのテキストウインドウのボタンをクリックすると再表示することが出来ますので覚えておくと良いでしょう。では続けてSmartArt の書式を設定しましょう。文字の大きさが少し大きいですね。フォントに関する設定はホームタブのフォントグループで書式設定をすることが出来ます。 ではフォントサイズを11ポイントにしておきましょう。文字の大きさを調整することが出来ました。続いてSmartArt のデザインを変更して行きましょう。SmartArt ツールのデザインタブをクリックします。SmartArt のスタイルグループのギャラリーでは予め用意されているスタイルから任意のものを選択することが出来ます。又 色の変更ボタンをクリックすると様々なカラーバリエーションが表示されますのでこちらで色を変更することが可能です。では任意の色を選択してまおきしょう。SmartArt の色を変更することが出来ました。又 書式タブを使うとSmartArt 内の特定ま図形だけを選択し塗りつぶしを変更したり枠線の種類や色を変えたりすることも出来ます。又ワートアートのスタイルのギャラリーを使うとSmartArt 内の文字にワードアートの書式を設定することも可能です。ではSmartArt を移動し任意の位置に配置しておきましょう。SmartArt 移動する際にはSmartArt の回りに表示されます枠線をドラッグしましょう。このレッスンではSmartArt を利用して図解を挿入する操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。