Excel 2016 基本講座

ヘッダー/フッターを挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ヘッダー/フッターの挿入について解説します。ヘッダー/フッターを指定すると、用紙の上下余白に日付やページ番号などの任意の情報を印刷することができます。
04:55

字幕

このレッスンではヘッダー/フッターの挿入について解説します。ヘッダー/フッターを指定すると用紙上下余白に日付やページ番号などの任意の情報を印刷することが出来ます。使用するブックは Chapter_8 です。このブックの売上表のシートをアクティブシートにしましょう。でこれからヘッダーに日付を挿入します。まずは印刷プレビューを表示して行きましょう。「ファイル」タブをクリックし 「印刷」をクリックします。バックステージ・ビュー右には 印刷プレビュー画面が表示されました。今の所、ヘッダーは指定されていません。ではこれからヘッダーの右側に日付を挿入します。設定項目の一番下のを「ページ設定」をクリックします。「ページ設定」ダイアログボックスは「ヘッダー/フッター」タブをクリックします。ここで「ヘッダー」と「フッター」を指定することが出来ます。ではヘッダーを編集しますので「ヘッダの編集」ボタンをクリックします。「ヘッダー」のダイアログボックスが表示されました。「左側 中央部 右側」と、それぞれのヘッダーを挿入することが出来ます。では今回は右側に日付を挿入しますので右側のボックスをクリックしてカーソルが表示します。 ここにキーボードから 直接日付を入力しても良いのですが日付を挿入するには便利なボタンが用意されています。ダイアログボックスの中央にカレンダーの形をしたボタンがありますね。日付の挿入ボタンです。こちらのボタンをクリックするとカーソルのあった位置に「アンド日付」と 表示されました。こうしておくとコンピューターの内蔵時計を使って常にその日の日付を印刷することが出来ます。もし 固定した日付にしたい場合にはキーボードから入力しましょう。では下にあります OK ボタンをクリックして結果を確認します。「ページ設定」のダイアログボックスの「ヘッダー」の右には日付が挿入されました。では続いてフッターの編集をしてフッターの中央にページ番号を挿入しましょう。「フッターの編集」ボタンをクリックします。すると「フッター」というダイアログボックスが表示されました。使い方は先程のヘッダーと同じです。では中央部にクリックでカーソルを出してページ番号を挿入します。ページ番号の挿入もボタンが用意されています。ボタンの左から二つ目「ページ番号の挿入」ボタンをクリックすると「アンド」「ページ番号」と表示されました。こうしておくとページ番号がフッターの中央に印刷されます。 では OK ボタンをクリックして確認しますフッターの中央には1と表示されましたね。現在の印刷部数は1ページしかありませんので1ページ目に1と印刷されるだけですが複数ページで構成されている場合には2ページ目には23ページ目には3と通し番号はページ番号として挿入されます。ではページ設定のダイアログボックスも下にあります OK ボタンをクリックして印刷プレビューで確認しましょう。ヘッダーの右には日付そしてフッターの中央にはページ番号は挿入されました。ページ全体が表示されていると小さくて分かり辛いという場合には右下の「ページに合わせる」ボタンをクリックし、100%の表示に切り替えて確認しておくと良いでしょう。ヘッダーには日付、そしてフッターにはページ番号が入りましたね。今回は日付やページ番号を指定しましたが先程の「ページ設定」のダイアログボックスの「ヘッダー/フッター」タブの「ヘッダーの編集」や「フッターの編集」ボタンをクリックして表示される。それぞれのダイアログボックスではページ番号や日付以外に時刻を挿入したり総ページ数或はシート名などを挿入するボタンも用意されていますので必要に応じて活用して行きましょう。 勿論、カーソルのある位置にキーボードから文字を入力することも可能です。又、ヘッダー/フッターの設定は印刷プレビュー上のページ設定の項目をクリックする以外に「ページレイアウト」タブから設定することも可能です、見てみましょう。ではバックステージ・ビューを閉じます。「ページレイアウト」タブをクリックします。「ページ設定」グループのダイアログを起動ツールをクリックします。するとページ設定のダイアログボックスが表示されますので「ヘッダー/フッター」タブを使って先程と同様に編集することも可能です。このレッスンではヘッダーとフッターの操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。