Excel 2016 基本講座

改ページプレビューで改ページ位置を調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
改ページプレビューについて解説します。改ベージプレビュー画面を利用して改ページ位置を簡単に調整することができます。
03:23

字幕

このレッスンでは改ページプレビューについて解説します。複数ページに渡るデータを印刷する際に改ページプレビュー画面を利用して改ページ位置を簡単に調整することが出来ます。使用するブックはChapter_8 です。このブックの「売上一覧」のシートをアクティブシートにしましょう。ここには縦長な表が作成されています。よってこの表を印刷すると複数ページで印刷されます。複数ページで印刷する場合 Excel は改ページ位置を決めます。もしユーザーの独自の位置で改ページを設定したいという場合には改ページプレビューを使うと良いでしょう。では改ページプレビューに切り替えます。「表示」タブをクリックします 「ブックの表示」グループの左から二つ目改ページプレビューをクリックします。これで改ページプレビュー画面に切り替えることが出来ました。改ページプレビュー画面ではデータがある所は白く、それ以外はグレー表示となります。又 少し縮小されますので改ページ位置が確認し易くなります。もし小さく感じるという場合には「表示」タブの「ズーム」グループに「100%」というボタンが用意されていますのでクリックするだけで100%表示に戻すことが出来ます。 Excel が自動的に設定して改ページ位置には点線が表示されています。今はこの点線のある所は1ページ目と2ページ目の改ページ位置では改ページ位置を変更してみましょう。自動設定された改ページの点線にマウスポインターをポイントします。上下の黒い矢印になりましたらドラッグすることで簡単に改ページ位置を調整することが出来ます。ユーザーが設定した改ページは実線で表示されます。又、改ページは調整する以外に行を指定して挿入することも出来ます。例えば、40行目に改ページを挿入したいという場合40行目をぎょうたいで選択します。「ページレイアウト」タブの「ページ設定」グループ「改ページ」のボタンをクリックします。「改ページの挿入」をクリックすると、これで選択した行の上に改ページが挿入されました。挿入した改ページを解除するには解除したい行をぎょうたいで選択し「改ページ」のボタンから「改ページの解除」をクリックするとこれで挿入した改ページを解除することが出来ます。又、ユーザーがドラッグで調整した改ページ位置も自動設定に戻したいという場合には「改ページ」のボタンをクリックし一番下の「すべての改ページを解除」をクリックするとこれでユーザーが設定した改ページは解除され自動設定位置に戻り改ページの印も点線表示になります。 改ページでの作業が終わり 通常の画面状態に戻したい時には「表示」タブをクリックし 一番左の「標準」をクリックします。これで改ページプレビューを閉じて、通常のワークシートの表示に戻すことが出来ます。このレッスンでは改ページプレビューで改ページ位置を調整する操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。