Excel 2016 基本講座

ワークシートの名前を変更する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シートの追加・削除について解説します。ブックには、初期状態で1枚のワークシートが用意されています。シートは、必要に応じて追加したり削除したりすることができます。
02:32

字幕

このレッスンではワークシート名の変更について解説します。またシート見出しの色を変える方法も紹介します。使用するブックはinterior fair_2 です。このブックにはワークシートが2枚作成されています。Sheet 1 と Sheet 2 です。Sheet 1 にはアンケート結果とグラフがそして Sheet 2 には来場者数を調査した表とグラフが作成されています。今シート名は Sheet 1Sheet 2 となっていますのでワークシートの内容が分かりづらいですよね。そこでシート名を変更しましょう。では Sheet 1 からシート名を変更します。Sheet 1 のシート見出しをダブルクリックします。キーボードから文字を入力するとシート名の変更となります。では「アンケート結果」と入力しましょう。(キーボード入力音)これで Sheet 1 のシート名を「アンケート結果」と変更する事ができました。続いて Sheet 2 もシート名を変更しておきましょう。Sheet 2 のシート見出しをダブルクリックしでは Sheet 2 は「来場者数」に変更しましょう。これで Sheet 2 のシート名を「来場者数」に変更することができました。 こうしておくとそれぞれのワークシートの内容が分かりやすくなります。またシート見出しの色を変更する事もできます見てみましょう。では「アンケート結果」のシート見出しの色を変更してみます。「アンケート結果」のシート見出しを右クリックするとショートカットメニュー中に「シート見出しの色」という項目があります。マススポインターをポイントすると「カラーパレット」が表示されますので任意の色をクリックしましょう。これで見出しの色を変えることができましたね。アクティブシートになっている場合には色が薄く感じますが別のシートをアクティブシートにすると先ほど選択した色で表示されます。このようにシートの色を変更しておくとワークシートがたくさんあった場合も見つけやすくなりますよね。このレッスンではワークシート名の変更とシート見出しの色を変える方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。