Excel 2016 基本講座

別のワークシートのデータをリンク貼り付けする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
別のワークシートのデータを参照する「リンク貼り付け」機能について解説します。リンク貼り付けしたセルには、元のセルを参照する数式が貼り付けられます。セルを参照する数式を直接入力して、リンクを設定することもできます。
05:03

字幕

このレッスンでは別のワークシートのデータを参照するリンク貼付け機能について解説します。リンク貼り付けしたセルには元のセルを参照する数式が張り付けられます。使用するブックは uriage_1です。このブックの「3地区集計」のシートをアクティブシートにしましょう。ここには「東京」「名古屋」「大阪」の3地区の商品ごとの集計表を作成します。B 列 C 列 D 列にはまだデータは入力されていません。E 列の「合計」と10 行目の「合計」のセルにはSUM 関数を使った数式がすでに作成されていますのでデータが入力されればSUM 関数によって合計の値が表示されます。今回はそれぞれの地区のデータをキーボードから入力するのではなくあらかじめ作成されていますワークシートを活用します「東京」「名古屋」「大阪」のシートにはそれぞれの「1月」から「3月」までの商品ごとの売上表が作成されています。この売上表の E 列の合計欄を使ってリンク貼り付けします。リンク貼り付けしておくと元の値が加われば貼り付け先も自動的に更新され最新の状態に保つことができます。では「東京」のシートからリンク貼り付けしていきますので「東京」のシートをアクティブシートにします。 リンク貼り付けしたいデータを選択します。E-5から E-9までを選択しデータをコピーします。コピーはクリップボードグループのコピーボタン (Ctrl+C) でも選択内容を右クリックして「コピー」でもどちらでも構いませんいずれかの方法でコピーしましょう。では次に貼り付け先を指定します。貼り付けたいのは「3地区集計」のシートですので「3地区集計」のシートをアクティブシートにします。そして貼り付ける位置を指定しましょう。「東京」のデータですので「東京」の1項目 の B-5のセルをアクティブセルにします。ここでリンク貼り付けを実行します。クリップボードグループの「貼り付け」ボタンの下向き三角をクリックし「その他の貼り付けオプション」から「リンク貼り付け」をクリックします。これでリンク貼り付けをすることができました。リンク貼り付けしたセルには元のセルを参照する参照式が作成されます。数式バーやセルをダブルクリックすると参照式を確認することができますね。「イコール (=) 東京のシートの E5」ということですから「東京」のシートの E-5 のセルのデータが更新されればこちらのデータも自動的に更新されるというわけです。 これ以降のセルも同じように参照式が作成されていますのでアクティブセルを移動して数式バーで確認しておきましょう。このようにリンク貼り付けは元になるセル範囲をコピーし貼り付け先でリンク貼り付けを実行します。すると参照式が作成されるというわけですね。参照式を直接入力して作成することもできます。では「名古屋」の欄は「名古屋」のシートの合計欄を参照する数式を直接入力しましょう。「名古屋」の1項目 C-5のセルをアクティブセルにしますキーボードから「イコール (=) 」を入力します。「名古屋」のシートをアクティブシートにします。そして「名古屋」の1項目の合計が入っているセル E-5のセルをクリックします。あとは Enter キーを押すだけこれでアクティブセルのあった所に「名古屋」のセルを参照する参照式が作成されました。作成した参照式はセル参照が相対参照されていますので元になる数式をコピーし、これ以降の数式を簡単に作成する事ができます。このようにリンク貼り付けは参照式をセルに「イコール(=)」を入力し指定してもよいでしょう。では「大阪」の欄もいずれかの方法でリンクしておきます。ではリンク貼り付けの方法でやっていきましょう。 リンクしたいセル範囲を選択します。右クリックしてコピーします。貼り付け先を指定します。リンク貼り付けを実行する時は先程のように「貼り付け」の下向き三角でもリンク貼り付けをするセルを右クリックし「形式選択貼り付け」「リンク貼り付け」をクリックしてもリンク貼り付けを実行する事ができます。このようなリンク貼り付けは今回のように別のワークシートのデータはもちろん他のブックからもリンク貼り付けする事が可能です。このレッスンでは別のワークシートのデータをリンク貼り付けする操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。