Excel 2016 基本講座

順位を求める RANK関数

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
順位を求める RANK関数について解説します。
02:48

字幕

このレッスンでは―順位を求めるRANK 関数について解説します。使用するブックは Chapter_11です。このブックの「順位」のシートをアクティブシートにしましょう。「成績表」が作成されていますね。ではこれから G 列の「順位」の欄に―「合計点」を対象とした順位を求める数式をRANK 関数を使って作成しましょう。数式を作成するセル G-4 をアクティブセルにします。ここには1人目の「山田」の「合計点」「164 点」が―全ての合計点の中で何位になるかを求めていけば良いわけです。では見ていきましょう。「関数の挿入」ボタンをクリックします。「関数の挿入」ダイアログボックス内で―RANK 関数を選択しOK ボタンをクリックします。「関数の引数」のダイアログボックスが表示されました。引数は「数値」「参照」「順序」と指定します。では「数値」には先ほど確認した―「山田」の合計点が入っているセル E-4 をクリックし セル E-4 を指定します。続いて「参照」には調べたい範囲を指定しますので―「合計点」の入っているセル範囲をドラッグで選択します。E-4 のセルから E-17までです。後から作成した数式をコピーすることを考えて―「参照」範囲は F4 キーを使って絶対参照にしましょう。 続いて「順序」です。「順序」は「昇順」または「降順」を指定することができます。「降順」として指定する場合は「0」「昇順」を指定する場合には「0」以外の数値を指定します。今回は値の大きいものを一番としたいわけですから「降順」です。よって「0」を入力します。OK ボタンをクリックすると―これで「山田」の順位が出ました「4位」と表示されましたね。作成された数式は数式バーで確認しましょう。では「オートフィル機能」を使って一番下までコピーし―これでそれぞれの「順位」を求めることができました。一番値の大きい「190 点」「山本」の「合計点」が「190 点」ですので「1位」と表示されましたね。このように RANK 関数では引数の順序で「昇順」と「降順」を指定することができます。今回は「降順」にしましたから「順序」には「0」を指定しましたがーもし「昇順」とする場合には「0」以外の数値「1」でも「100」でも構いません。「0」以外の数値を代入すると「昇順」として順位を求めることができます。このレッスンでは―順位を求めるRANK 関数について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。