Excel 2016 基本講座

データを抽出する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データの抽出について解説します。指定した条件に合うデータをすばやく見つけるために、フィルタ機能を使います。オートフィルタという機能を使うと、簡単にデータを抽出することができます。
04:28

字幕

このレッスンでは「データの抽出」について解説します。指定した条件に合うデータを素早く見つけるためにフィルター機能を使います。使用するブックはChapter_12です。このブックの名簿のシートをアクティブシートにしましょう。社員名簿が作成されていますね。レコードは全部で29件あります。ではこのリストを使ってデータの抽出操作を見ていきましょう。まずはオートフィルターを設定します。リスト内の任意のセルをアクティブセルにし「データ」タブをクリックします。「並べ替えとフィルター」グループの「フィルター」ボタンをクリックします。これでオートフィルターを設定することができました。各フィールド名の右には下向き三角が表示されましたね。これがオートフィルターです。このオートフィルターを使って簡単にデータを抽出することができます。では見ていきましょう。地区フィールドのオートフィルターを使って名古屋のレコードを抽出しましょう。地区の下向き三角をクリックします。ドロップダウンにリストが表示されましたね。すべて選択されていますので「(すべて選択)」のチェックを外して「名古屋」にチェックを付けたら「OK」ボタンをクリックします。 これで名古屋のレコードだけを抽出することができました。ステータスバーには抽出したレコードの件数も表示されます。「29レコード中7個が見つかりました」と表示されています。またリストが抽出状態である場合には行番号が青く表示されます。続いて解除を見ていきましょう。抽出を解除しすべてのレコードを表示するには抽出をするときに使ったフィルターボタンをクリックします。よって今回は「地区」のフィルターボタンをクリックします。「"地区"からフィルターをクリア」こちらをクリックすると解除です。これですべてのレコードを表示することができました。このようにオートフィルターを使うと簡単に抽出したり解除したりすることができます。他のフィールドでもやってみましょう。では 部署名が「営業1部」と「営業2部」のレコードを抽出します。部署名のフィルターボタンをクリックします。「すべて選択」のチェックを外して「営業1部」と「営業2部」にチェックを付けたら「OK」ボタンをクリックします。これで営業1部と営業2部のレコードを抽出することができました。では解除しましょう。部署名のフィルターボタンをクリックし「"部署名"からフィルターをクリア」をクリックします これで解除です。 次に複数のフィールドを使って絞り込んで抽出してみます。では 東京の企画部のレコードだけを表示しましょう。地区のフィルターボタンの下向き三角をクリックし「東京」だけにチェックを付けて「OK」します。これでひとまず東京のレコードを抽出することができました。続けて部署名のフィルターボタンをクリックし「企画部」だけにチェックを付けて「OK」ボタンをクリックします。これで絞り込むことができましたね。地区が東京で部署名が企画部のレコードだけが表示されました。このように複数のフィールドを使って絞り込むことも可能です。複数のフィールドを使ってデータを抽出している場合にはひとつひとつフィルターボタンをクリックして解除するのは大変です。そこで「データ」タブ「並べ替えとフィルター」グループの「クリア」ボタンをクリックすると複数のフィールドの抽出を一度に解除することができます。では「クリア」ボタンをクリックしてこれですべてのレコードを表示することができました。また部署名のように文字列が入力されているフィールドにはテキストフィルターが表示されます。こちらを使って「指定の値で始まる」や「指定の値で終わる」といったような条件を設定して抽出することができます。 数値が入力されているフィールドには数値フィルターが表示されますのでこちらを使って「指定の値以上」や「指定の値以下」といったような条件を設定して抽出することも可能です。ではオートフィルターを解除する操作を見ておきましょうオートフィルターを解除するには「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループの「フィルター」ボタンをクリックします。これでオートフィルターが解除されました。フィールド名の下向き三角が非表示となりましたね。このように「フィルター」ボタンをクリックすることでオートフィルターを設定したり解除したりすることができます。このレッスンでは簡単にデータを抽出するオートフィルターについて解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。