Excel 2016 基本講座

リストをテーブルに変換して活用する

全353コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
リストをテーブルに変換してデータベース機能を活用する操作について解説します。表のセル範囲をテーブルに変換することで、データの書式設定やデータベース機能を簡単に使用することができます。
05:18

字幕

このレッスンでは、リストをテーブルに変換してデータベース機能を活用する操作について解説します。表のセル範囲をテーブルに変換することでデータの書式設定やデータベース機能を簡単に使用することができます。使用するブックは Chapter_12 です。このブックの「四半期」売上のシートをアクティブシートにしましょう。ここには四半期の売上リストが作成されています。では、このリストの範囲をテーブルに変換してデータベース機能を使っていきましょう。リスト内の任意のセルをアクティブセルにします。「挿入」タブをクリックし、「テーブル」グループの「テーブル」ボタンをクリックします。テーブルの作成ダイアログボックスが表示され、リストのセル範囲が自動的に認識されています。OK ボタンをクリックするとリストのセル範囲をテーブルに変換することができます。では OK ボタンをクリックします。これでテーブルに変換することができました。テーブル内にアクティブセルを移動すると、コンテキストタブの「デザイン」タブが表示されます。「デザイン」タブを使ってテーブルのスタイルを設定したりデータベース機能を活用するための様々なオプション設定を行うことができます。 テーブルに変換することでデータベース機能がより使いやすくなります。例えば、フィールド名、データを下にスクロールした場合フィールド名が列見出しに表示されますので各項目がどのフィールドであるかをよりわかりやすく見ることができますね。また、オートフィルターが自動的に設定されていますので抽出を行ったり、並べ替えを実行することも可能です。また「デザイン」タブの「テーブルスタイルのオプション」「集計行」にチェックをつけるとテーブルの一番下に集計行が表示されます。列幅が狭い場合は少し広げておきます。合計の欄には合計の値が表示されていますね。ここには自動的に数式が作成されます。集計の方法も右にあります下向き三角をクリックすると合計以外のその他の集計方法に変換することが可能です。合計以外のその他のフィールドにもアクティブセルを移動すると右に下向き三角が表示されますのでこちらを使って集計を追加することができます。また「デザイン」タブ>「ツールグループ」の「スライサーの挿入」ボタンをクリックするとスライサーを挿入することができます。例えば、地区フィールドと社員名フィールドにチェックをつけてOK ボタンをクリックすると地区フィールドと社員名フィールドのスライサーを表示することができます。 スライサー内の各アイテムボタンをクリックするとそのアイテムに絞り込んで表のデータを抽出することができます。また「データ」タブを使ってデータベース機能を活用することもできます。例えば「並べ替え」ボタンをクリックすると並べ替えのダイアログボックスを表示することができますので複数フィールドを基準に並べ替えをしたりオプション設定を行うことも可能です。ただし「データ」タブ一番右端の「小計」ボタンは今グレーアウトして使えませんね。「小計」ボタンは自動集計を行うボタンですがテーブルに変換すると使えなくなりますので自動集計を行う場合には、テーブルに変換せずにリストを使っていきましょう。では、テーブルを解除するにはどうすれば良いか見ていきましょう。「デザイン」タブをクリックします。「ツールグループ」の「範囲に変換」ボタンをクリックします。すると「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」とでます。ここで「はい」をクリックするとテーブルを解除し、通常のリスト範囲に戻すことができます。では「はい」をクリックしてこれでテーブルが解除されました。テーブルそのものは解除されましたが設定していたスタイルや先ほど表示した集計行は残ります。 もし、スタイルや集計行も解除したいという場合にはテーブルを解除する前に処理が必要です。では、少しみてみましょう。元に戻すボタンをクリックしてもう一度テーブルの状態に戻します。これでテーブルを解除する前のテーブル状態に戻りました。まずは、スタイルを解除する方法です。「デザイン」タブ>「テーブルスタイル」のギャラリーから一番下の「クリア」をクリックすると書式を解除して元のスタイルに戻すことができます。さらに、一番下の集計行も不要だという場合には「デザイン」タブ>「テーブルスタイル」のオプションの「集計行」のチェックを外しましょう。これで集計行もなくなりました。このように処理をしておいてから「ツール」グループの「範囲に変換」ボタンをクリックし、「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」と出ますから、「はい」をクリックしてこれで標準のセル範囲に戻すことができ元のリストとして使っていくことができます。「データ」タブを見ると「小計」ボタンを使えますね。自動集計を実行することができるということです。このレッスンでは、リストをテーブルに変換して、データベース機能を活用する操作について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間54分 (108 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日
アップデート日:2017年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。