Excel 2016 基本講座

ピボットテーブルについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルとは何か、その仕組みについて解説します。表のデータを多角的な視点で分析するにはピボットテーブルを活用すると効果的です。また、ピボットテーブルの作成・編集時に使用するツールについても解説します。
03:30

字幕

このレッスンではピボットテーブルとは何かその仕組みについて学習します。またピボットテーブルの作成・編集時に使用するツールについても解説します。使用するブックはpivot table_afterです。このブックにはピボットテーブルが作成されています。ではこれから ピボットテーブルとは何か見ていきしょう。売上一覧のシートをアクティブシートにします。ここには売上一覧のリストが作成されていますね。日付 商品名 担当者というフィールドが作成されていてそれぞれの売上のデータが入力されています。このようなリストを基にピボットテーブルを作成することができます。この売上一覧のリストを基に作成されたピボットテーブルがSheet1にありますのでSheet1をアクティブシートにしてみていきましょう。作成されているピボットテーブルは商品ごと 月ごとの金額のクロス集計表です。ピボットテーブルは単純なクロス集計表ではありません。少し手を加えるだけでデータを絞り込んで表示したりレイアウトを簡単に変更することも可能です。また グループ化しているデータを展開してより詳細データを確認することもできます。このようにピボットテーブルは多角的な視点でデータを分析することができる高機能なクロス集計表です。 また ピボットテーブルを基にピボットグラフを作成するとピボットテーブルの多角的な分析機能とグラフの視覚効果を組み合わせてデータをより分かりやすく見せることができます。また 元のリストが変更されるとピボットテーブルを更新することができます。よって最新の状態でデータを分析することが可能です。ではこのようなピボットテーブルを作成・編集するツールを確認しておきましょう。ピボットテーブルを作成するには売上一覧のようなリストを作成します。リストを作成しておき挿入タブのテーブルグループ「ピボットテーブル」ボタンや「おすすめのピボットテーブル」ボタンを使ってピボットテーブルをワークシート上に挿入することができます。また作成したピボットテーブルはピボットテーブルツールの分析タブやデザインタブを使ってデータの分析や書式の設定が可能です。さらにピボットテーブルを作成すると「ピボットテーブルのフィールド」という作業ウィンドウが表示されますのでこちらを使って配置するフィールドの指定などが行えます。ピボットテーブルフィールドの作業ウィンドウやピボットテーブルツールはピボットテーブル内にアクティブセルがあるときに表示されます。 ピボットテーブル以外がアクティブセルになっていると作業ウィンドウやピボットテーブルツールは表示されませんので注意しましょう。ピボットテーブルを編集する際にはピボットテーブル内をアクティブセルにして操作していきましょう。このレッスンではピボットテーブルとは何かその仕組みとピボットテーブルの作成・編集時に使用するツールについて解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。