Excel 2016 基本講座

ピボットテーブルを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルの作成手順について解説します。データベースのリストを基にピボットテーブルを作成し、分析する用途に応じて必要なフィールドをピボットテーブルのレイアウトに配置します。
04:21

字幕

このレッスンではピボットテーブルの作成手順について解説します。リストを基にピボットテーブルを作成し分析する用途に応じて必要なフィールドをピボットテーブルのレイアウトに配置します。使用するブックはpivottable_1ですこのブックの売上一覧のシートにはリストが作成されていますね。どのようなリストかというと日付 商品名 担当者などのフィールドが作成されていてそれぞれの売上が入力されています。ではこれからこのリストを基にピボットテーブルを作成しましょう。リスト内の任意のセルをアクティブセルにします。「挿入」タブをクリックし「テーブル」グループの「ピボットテーブル」ボタンをクリックします。「ピボットテーブルの作成」のダイアログボックスが表示されました。まずは分析するデータを選択します。「テーブルまたは範囲を選択」こちらが選択されていることを確認しテーブル範囲にはリストの範囲が自動的に認識されています。リスト内をアクティブセルにすることによりリストの範囲全体が自動的に認識されます。次にピボットテーブルを作成する場所を選択します。「新規ワークシート」か「既存のワークシート」か選択できるようになっています。 では今回は新規ワークシートに作成しますので「新規ワークシート」となっていることを確認し「OK」ボタンをクリックします。これで新しいワークシート「Sheet1」が挿入されピボットテーブルを作成するための領域が表示されました。また右にはピボットテーブルのフィールドリストの作業ウィンドウが表示されます。この作業ウィンドウを使ってどのフィールドをピボットテーブル上のどこに配置するかを決めていきます。フィールドを選んでいく領域を「フィールドセレクション」といいレイアウトを決めていく領域を「レイアウトセレクション」と読んでいます。たとえば、商品名のフィールドを行のラベルしたいという場合にはフィールドセレクションから商品名をドラッグしレイアウトセレクションの行ラベルの領域まで持っていきます。こうすることでピボットテーブル上の行ラベルとして商品名を配置することができました。配置したフィールドを解除するにはフィールドにマウスポインタをポイントし、ドラッグ操作でレイアウトセレクション以外にドラッグすると、これで解除です。また解除はドラッグで解除する以外にフィールド名の右にあります下向き三角をクリックして「フィールドの削除」をクリックで解除することも可能です。 またフィールドセレクションのフィールド名の先頭のチェックボックスをクリックして解除することもできます。ではこれからいつ何がどれくらい売れたかを分析するピボットテーブルを作成しましょう。まずは日付のフィールドをドラッグし列ラベルに配置します。ピボットテーブル上の列ラベルに1月 2月 3月と表示されました。Excel2016では日付のフィールドは自動的に月ごとにグループ化されます。では続いて商品名を行ラベルに配置しましょう。これで行ラベルに商品名を配置することができました。次は分析するデータですね。分析するデータは金額です。では金額のフィールドをドラッグし値領域に配置します。これでいつ、どの商品がどれくらい販売されたかを分析するためのピボットテーブルを作成することができました。このように簡単にフィールドリストを使ってそれぞれのフィールドをどこに配置するか決めていくことができます。またフィールドリストの作業ウィンドウはピボットテーブル内にアクティブセルがあるときに表示されます。ピボットテーブル以外にアクティブセルがあるとフィールドリストの作業ウィンドウは表示されませんので注意しましょう。フィールドリストの作業ウィンドウには「閉じる」ボタンがついていますのでもし「閉じる」ボタンをクリックして閉じた場合には次からは表示されません。 表示するには「分析」タブの「フィールドリスト」のボタンをクリックするとこれで再表示することができますので覚えておくとよいでしょう。このレッスンでは ピボットテーブルの作成手順について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。