Excel 2016 基本講座

フィールドをグループ化する、表示するデータを指定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フィールドのグループ化を設定したり、表示するデータを指定したりして、データを分析する方法について解説します。
02:38

字幕

このレッスンではピボットテーブルのフィールドをグループ化したり表示するデータを指定したりしてデータを分析する方法について解説します。使用するブックはpivottable_2です。このブックのSheet1には売上一覧のリストを基にしたピボットテーブルが作成されています。まずはフィールドのグループ化から見ていきましょう。行ラベルに注目しましょう。行ラベルには1月・2月・3月と表示されていますね。Excel2016では日付のフィールドは自動的に月ごとにグループ化されます。それぞれの項目の先頭に詳細データを展開するためのアウトラインボタンが用意されています。たとえば1月の先頭の「+(プラス)」のボタンをクリックするとこれで1月のデータを展開して各日ごとの詳細データを確認することができます。また「分析」タブのアクティブなフィールド内に用意されています。「フィールドの展開」ボタンや「フィールドの折りたたみ」ボタンをクリックして折りたたんだり展開したりすることもできます。この「展開」ボタンや「折りたたみ」ボタンはグループ化されているフィールド内にアクティブセルがあるときに使用できます。それ以外のセルがアクティブになっている場合には使えませんので注意しましょう。 ではこれから日付のグループ化を解除します。グループ化を解除したい日付のフィールドにアクティブセルを移動し「分析」タブ「グループ」の「グループ解除」ボタンをクリックするとグループ化を解除することができます。では「グループ解除」をクリックします。これで日付のグループ化を解除することができました。詳細データを確認するための縦長のピボットテーブルになりましたね。グループは解除されましたので先ほどのようにピボットテーブルには「展開」ボタンや「折りたたみ」ボタンは表示されません。では続いてグループ化する操作見ていきましょう。日付のフィールドは今グループ化されていません。ではこれから月単位でグループ化していきましょう。日付のフィールド内にアクティブセルがあることを確認し「分析」タブの「グループ」の一番上「グループの選択」をクリックします。「グループ化」のダイアログボックスが表示されました。ここでグループ化する単位を決めていきましょう。「月」が選択されていることを確認し「OK」ボタンをクリックします。これでピボットテーブルが月単位でグループ化されました。このように「グループ化」のダイアログボックスで月を選んで「OK」ボタンをクリックしてグループ化するとピボットテーブルは月単位のピボットテーブルとして表示されます。 よって日ごとの詳細データをピボットテーブル上で見ることはできません。先ほどのようにピボットテーブル内に詳細データを見るための「折りたたみ」ボタンや「展開」ボタンを付けたいという場合にはここで「日」と「月」両方とも選択します。「OK」ボタンをクリックするとこれで月単位でグループ化した中にそれぞれの日ごとの詳細データが表示されました。それぞれの月の先頭には詳細データを折りたたむためのアウトラインボタンが表示されますのでクリックして折りたたんで月単位でデータを分析したり展開して詳細データを確認することもできます。では続いてピボットテーブルに表示するデータを指定する方法見ていきましょう。行ラベルに注目します。「クリーム」から「美容液」まで今はすべての商品のデータがピボットテーブル上に表示されています。たとえばここで美容液のデータを非表示にしたいといった場合列ラベルの右にありますフィルターボタンをクリックします。ドロップダウンにリストが表示されます。下の方にはチェックボックスがありますね。ここで「美容液」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックするとピボットテーブルは美容液を除いたテーブルに変更することができます。 このように各フィールド名にはフィルターボタンが用意されていますので表示するデータを指定することが可能です。では美容液のデータを再表示しておきましょう。先ほど使った列ラベルのフィルターボタンをクリックし「(すべて選択)」にチェックを付けるかあるいは「美容液」をックリックしてチェックを付けるか「OK」ボタンをクリックするとこれで美容液のデータを再表示することができました。またフィルターボタンをクリックして表示されるその中には並べ替えを行うような項目も用意されていますので必要に応じて活用していきましょう。このレッスンではピボットテーブルのフィールドのグループ化と表示するデータを指定する方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。