Excel 2016 基本講座

基データを変更してピボットテーブルのデータを更新する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
基データを変更してピボットテーブルのデータを更新する方法について解説します。集計元のデータが変更された場合には、ピボットテーブルを手動で更新します。
02:44

字幕

このレッスンではピボットテーブルの基データを変更しピボットテーブルを更新する操作について解説します。使用するブックはpivot table_3 です。このブックの Sheet1 には売上金額のリストを基にしたピボットテーブルが作成されています。ではこれから基データの「売上一覧」のリスト内のデータを変更しピボットテーブルを更新する操作を見ていきましょう。変更するデータは1 月の化粧水のデータですので現在のピボットテーブル上の「1 月」の「化粧水」のデータを見ておきましょう。1 月の化粧水の金額の合計は現在は「903000」円となっています。では「売上一覧」のシートをアクティブシートにし「1 月 5 日」の「化粧水」の「数量」を変更します。D の 4 のセル現在「17」となっていますがこの数量を「100」に変更しましょう。キーボードから「100」と入力して確定します。「数量」を増やしましたから「金額」も増えました。では ピボットテーブルを見ていきましょう。Sheet1 をアクティブシートにします。「1 月」の「化粧水」の欄は自動的には更新されていませんね。まだ「903000」円のままです。ではピボットテーブルを更新しますのでピボットテーブル内の任意のセルをアクティブセルにします。 「分析」タブをクリックし「データ」グループの「更新」ボタンをクリックします。これでデータを更新することができました。「1 月」の「化粧水」の金額の合計が増えましたね。「1484000」円となりました。このようにピボットテーブルは自動的には更新されませんので基データを変更したら「分析」タブの「更新」ボタンをクリックしてピボットテーブルを更新してから分析するようにしましょう。ちなみに ブックを開いたときにデータが更新されるオプション設定もあります。見てみましょう。「分析」タブの左端の「ピボットテーブル」グループから「オプション」をクリックします。「ピボットテーブルオプション」のダイアログボックスが表示されましたら「データ」タブをクリックします。「ファイルを開くときにデータを更新する」というチェックボックスがありますのでこちらにチェックを付けておくとブックを開いたときに自動的にデータが更新されます。このような設定もありますので必要に応じて使っていきましょう。今回確認だけですので「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。このレッスンでは 基データを変更してピボットテーブルのデータを更新する方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。