Excel 2016 基本講座

ピボットテーブルに書式を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルの書式設定について解説します。ピボットテーブルスタイルを使って、テーブル全体のデザインを設定することができます。
02:07

字幕

このレッスンではピボットテーブルの書式設定について解説します。ピボットテーブルスタイルを使ってテーブル全体のデザインを変更することができます。使用するブックはpivot table_4.xlsx です。このブックの Sheet1 には売上一覧のリストを元にしたピボットテーブルが作成されています。ではこれからピボットテーブル全体のデザインを変更していきましょう。ピボットテーブル内にアクティブセルを移動します。「ピボットテーブルツール」の「デザイン」タブをクリックします。「デザイン」タブにはピボットテーブルのデザインを設定するための様々なボタンが用意されています。「ピボットテーブルスタイル」のギャラリーでは様々なスタイルが用意されていますので、こちらを使ってテーブル全体のデザインを簡単に変更することができます。ではこの中から任意のスタイルをクリックします。これでピボットテーブル全体のデザインを変更することができました。ちなみにスタイルを解除するには、「ピボットテーブルスタイル」ギャラリーの一番下に「クリア」というボタンが用意されています。こちらをクリックすることでピボットテーブルのスタイルを解除することができます。 では「元に戻す」をクリックして戻しておきます。また「デザイン」タブの「ピボットテーブルのスタイル」オプションでは「縞模様(行)」「縞模様(列)」といったチェックボックスがあります。例えば「縞模様(行)」にチェックを付けるとピボットテーブル内に一行ごとに間隔をおいた縞模様の書式が設定されますので行単位でのデータの確認がしやすくなります。ちなみに「縞模様(行)」のチェックを外して「縞模様(列)」にチェックを付けると列単位で縞模様を設定することも可能です。このレッスンでは「デザイン」タブを使ってピボットテーブルに書式を設定する方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。