Excel 2016 基本講座

ピボットグラフを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットグラフの作成について解説します。ピボットテーブルを基に、ピボットグラフを作成することができます。ピボットテーブルとピボットグラフはリンクしていますので、どちらか一方を変更すると、もう一方も自動的に更新されます。
03:51

字幕

このレッスンではピボットグラフの作成について解説します。ピボットグラフはピボットテーブルの多角的な分析機能とグラフの視覚的な効果を組み合わせてよりわかりやすくデータを表示することができます。使用するブックはpivot table_4.xlsx です。このブックの Sheet1 には売上一覧のリストを元にしたピボットテーブルが作成されています。ではこれから、このピボットテーブルを元にピボットグラフを作成しましょう。ピボットテーブル内にアクティブセルを移動します。「ピボットテーブルツール」の「分析」タブをクリックします。「ツール」グループには ピボットグラフを作成するボタンが用意されています。「ピボットグラフ」ボタンをクリックします。すると 「グラフの挿入」のダイアログボックスが表示されました。左のグラフの一覧から使用するグラフをクリックで切り替えることができます。では今回は縦棒にしますので、「縦棒」を選択し形式は「積み上げ縦棒」にします。「積み上げ縦棒」をクリックします。下にあります OK ボタンをクリックするとピボットグラフが作成されました。作成したグラフは「グラフエリア」をドラッグして任意の位置に配置しておきましょう。 このように作成したグラフはピボットテーブルとリンクしています。よって どちらか一方を変更すればもう一方は自動的に更新されます。見てみましょう。グラフ上のデータ要素の中から「クリーム」のデータ要素だけを非表示にしてみます。今はグラフ上にもテーブル上にも「クリーム」のデータは表示されています。では グラフの左下の「商品名」のフィールドボタンをクリックします。「クリーム」のチェックを外してOK ボタンをクリックします。すると グラフ上から「クリーム」のデータ要素が非表示となりましたそれと同時に テーブルの「クリーム」のデータも自動的に非表示になっていますね。このように どちらか一方を変更すればもう一方は自動的に更新されます。では今度はテーブルを使って「クリーム」のデータを再表示しましょう。「行ラベル」のフィルターボタンをクリックします。「クリーム」にチェックを付けてOK ボタンをクリックするとこれで「クリーム」のデータを再表示することができました。もう少し分析してみましょう。現在のテーブルとグラフは商品ごとの売上を分析するものとなっています。ここに担当者の情報を追加しましょう。では作業ウィンドウの中から「担当者」のフィールドをドラッグし「フィルター」領域に配置します。 すると グラフとテーブルの左上にレポートフィルターが登場しましたこちらを使って担当者ごとに絞り込んでデータを分析することができます。見てみましょう。ではグラフの「担当者」のフィールドボタンをクリックし任意の担当者を選択します。OK ボタンをクリックするとこれで担当者ごとにテーブルとグラフが絞り込まれます。ピボットグラフはピボットテーブルの多角的な分析機能とグラフの視覚効果を組み合わせてよりわかりやすくデータを見ることができますね。また ピボットグラフは通常のグラフと同じように「書式」タブを使ってグラフに書式を設定したり「デザイン」タブを使ってグラフの要素をそれぞれ追加したり「色の変更」や「グラフスタイル」の設定グラフの種類を変更することもできます。このレッスンではピボットテーブルを元にピボットグラフを作成しデータを分析する方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。