Excel 2016 基本講座

ゴールシークを使って目標値を得るための値を導き出す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
What-If 分析を使って、目標値を得るための値を導くゴールシーク機能について解説します。
02:08

字幕

このレッスンではWhat-If 分析を使って目標値を得るための値を導くゴールシーク機能について解説します。使用するブックはChapter_14.xlsx です。このブックの「ゴールシーク」シートをアクティブシートにしましょう。パーティ費用の合計を求める表が作成されています。「費用の合計」欄にはSUM関数を使って金額の合計を求める数式が作成されています。「コース料理」の単価がまだ決まっていません。そこで費用の合計額を500,000 にするには「コース料理」をいくらにすれば良いのかこのような場合にはゴールシーク機能がお勧めです。ゴールシークを使うと目標値を得るための値を素早く導くことができますでは 見てみましょう。「データ」タブをクリックします。「予測」グループの、「What-If 分析」のボタンをクリックし「ゴールシーク」をクリックします。ゴールシークのダイアログボックスが表示されました。では 数式入力セルは「費用の合計」セルですのでD8をクリックしてD8セルを指定します。続いて「目標値」です「目標値」は500,000 というわけですからキーボードから500,000 と入力しましょう。続けて「変化させるセル」は「コース料理」の「単価」のセルです。 B5のセルをクリックしてB5のセルを指定します。後はOKボタンをクリックするとゴールシークが働いて収束値を検索し結果が表示されます。「コース料理」を 15,500 円とすると費用の合計は 500,000 となりますという結果が表示されました。OKボタンをクリックして ゴールシークのダイアログボックスは閉じておきましょう。このレッスンでは What-If 分析のゴールシークを使って目標値を得るための値を導く方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。