Excel 2016 基本講座

マクロを実行する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マクロの実行について解説します。マクロを実行すると記録した一連の操作は1つのコマンドとして実行でき、記録した内容を「再生」するように繰り返し実行できます。
02:41

字幕

このレッスンではマクロの実行について解説します。マクロを実行すると記録した一連の捜査は一つのコマンドとして素早く処理することができます。使用するブックはChapter_16_2.xlsx です。このブックにはマクロが含まれていてマクロ有効ブックとして保存されています。マクロ有効ブックを開くと「セキュリティの警告」という黄色いメッセージバーが表示されます。現在マクロが無効になっていますのでブックに含まれるマクロを実行することはできません。そこで 信頼できる作成元のブックであると分かっている場合には「コンテンツの有効化」をクリックしてマクロを有効化し 実行することができます。では 「コンテンツの有効化」ボタンをクリックします。これでメッセージバーが非表示となりました。このように 信頼のおけるブックとなったドキュメントは次からは黄色いメッセージバーは表示されません。これでマクロを実行することができます。請求書が作成されています。このブックには 請求書のデータをクリアするデータ消去のマクロが記録されています。では そのデータ消去のマクロを実行してみましょう。現在 請求書上にはデータが入力されています。 データ消去のマクロを実行すると、データがクリアされますので見ていきましょう。「表示」タブをクリックします。「マクロ」グループの「マクロの表示」ボタンをクリックします。マクロのダイアログボックスが表示されました。データ消去のマクロが選択されてることを確認し右にあります「実行」ボタンをクリックします。これでデータ消去のマクロを実行し、請求書のデータをクリアすることができました。アクティブセルが A12 になっていますのでここに新たにデータを入力し請求書を作り上げていくことができます。このようにマクロを実行すると一連の捜査は一つのコマンドとして実行することができますので素早く処理することができます。また マクロを実行する際に使用するマクロダイアログボックスはショートカットキーを使って表示することもできます。さきほどは「表示」タブの「マクロの表示」ボタンをクリックしてマクロのダイアログボックスを表示しましたがショートカットキーを使ってこのダイアログボックスを表示するのであればキーボードの Alt キーを抑えたままF8 キーをタイプします。するとマクロのダイアログボックスを素早く表示することができ「実行」ボタンをクリックしてマクロを実行することができます。 このレッスンではマクロの実行について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。