Excel 2016 基本講座

パスワードを設定してブックを暗号化する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブックの暗号化について解説します。パスワードを設定してブックを暗号化することで不正アクセスなどから情報を守るためのセキュリティレベルを高めることができます。
03:04

字幕

このレッスンではブックの暗号化について解説します。パスワードを設定してブックを暗号化にすることで不正アクセスなどから情報を守るためのセキュリティレベルを高めることができます。Excel のウィンドウ内にブックが作成されています。ではこれから 読み取りパスワードを設定してこのブックを暗号化し 保護してみましょう。「ファイル」タブをクリックします左のメニューから「情報」をクリックします。情報の一覧の一番上「ブックの保護」のボタンをクリックします。上から二つ目の「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。ドキュメントの暗号化のダイアログボックスが表示されパスワードを入力する欄にカーソルが点滅しています。ではここに任意のパスワードを入力しましょう。OKボタンをクリックするとパスワードの再入力が求められますのでさきほどと同じパスワードを入力しOKボタンをクリックします。これでパスワードを設定しブックを暗号化することができました。ブックの保護欄に色が付きましたね。このブックを開くにはパスワードが必要ですと表示されています。では次にパスワードを設定して暗号化したファイルの開き方を見ていきますのでこのブックをいったん保存します。 左のメニューから「名前を付けて保存」をクリックします。「参照」をクリックし 名前を付けて保存のダイアログボックスで保存先を指定します。ファイル名は任意のものを入力しましょう。では今回は暗号化としておきます。「保存」ボタンをクリックしてこれで パスワードを設定して暗号化したブックを保存することができました。ではこのブックをいったん閉じますので「ファイル」タブをクリックし「閉じる」をクリックします。では続けてさきほど保存したブックを開いてみます。最近使用したアイテムの一覧の一番上に暗号化のブックがありますのでこちらをクリックします。すると パスワードのダイアログボックスが表示されました。このようにパスワードを指定して暗号化したブックは開く時にパスワードの入力が求められます。さきほど設定したパスワードを入力しOKボタンをクリックすることでブックを開くことができます。ちなみにパスワードを設定して暗号化したブックの保護を解除するには「ファイル」タブをクリックし情報をクリックしたら「ブックの保護」のボタンをクリックし上から二つ目―「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。ドキュメントの暗号化のダイアログボックスのパスワード欄にパスワードが設定されていますのでこのパスワードを空欄にしてOKボタンをクリックすると解除することができます。 ではOKボタンをクリックします。これでブックの保護を解除することができました。このレッスンでは パスワードを設定してブックを暗号化する方法について解説しました。

Excel 2016 基本講座

このコースではExcel2016の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、またピボットテーブルやマクロの利用など、職場や学校などで役立つさまざまな機能やツールをひとつひとつ丁寧に説明します。Excelをより活用するためのテクニックを基礎から学びましょう!

7時間06分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年02月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。