WordPressプラグインでサイトをバックアップする

新規ジョブの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「BackWPup」プラグインを使って、バックアップの処理を細かく定義する為のジョブの作成方法について解説致します。
講師:
02:37

字幕

このレッスンでは BackWPup のプラグインを使って バックアップの処理を 細かく定義するための ジョブの作成方法について 解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらが WordPress の管理画面の中にある BackWPup の画面となっています 今回はこちらの BackWPup の プラグインを使って バックアップ処理を行う 一番初めの作業としての ジョブの作成について見ていきます ジョブの作成はこちらの 左メニューの中にある Add new job をクリックすれば その画面に移る事ができます それではクリックしてみましょう するとこの様な画面が表示されてきました この画面にはバックアップに関する 様々な設定を行う事ができる様になっています 様々な設定 例えばどういったファイルを バックアップするのかや どこにバックアップファイルを保存するのか いつバックアップを取るのかといった その様な設定を定義して そして一つのバックアップの 処理としたものが ジョブという考え方になります 今 そのジョブの様々な設定を 行うための画面が 表示されていますが このレッスンでは何も考えずに このまま画面を下にスクロールしていって こちらの Save changes を クリックしてみます するとこの様にジョブが デフォルトの設定で保存されました それでは次に こちらの左メニューの中にある この jobs というメニューを クリックします するとこの様に作成された ジョブが一覧画面が表示されてきて そして先程保存した この job with ID 1 というものが この部分に生成されてきています これが一つのジョブとなって 作成した分だけ こちらのページに並んでいく事になります それではこちらの エディットボタンをクリックします すると先程の ジョブの設定画面に戻りました 以上が新規のメニューを 作成するための手順となります 以降のレッスンからは実際に このジョブに設定できる様々な内容を 一つづつ見ていきたいと思いますので そちらも合わせて参考にしてみて下さい 以上でレッスンは終了です 今回は BackWPup プラグインを使って バックアップの処理を 細かく定義するための ジョブの作成方法について 解説いたしました

WordPressプラグインでサイトをバックアップする

WordPressは世界中で人気の無料ブログソフト/CMSです。Backup to DropboxとBackWPupというプラグインを使えば、バックアップを自動的にとれるのでとても便利です。このコースではこれらを使って簡単にサイトのバックアップをとる方法について解説します。その入手先やインストール方法から実際にサイトを復元するまでのやり方を説明します。

1時間19分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。