WordPressプラグインでサイトをバックアップする

ジョブのプラグイン設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「BackWPup」プラグインを使ってバックアップジョブを作成する際の、「プラグイン設定」の方法について解説致します。
講師:
01:47

字幕

このレッスンでは BackWPup のプラグインを使って バックアップジョブを作成する際の プラグイン設定の方法について 解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今表示されているこちらの画面が ジョブのプラグイン設定の画面になります こちらのタブメニューの中にある この Plugins が選択されている状態の 画面となります それではこの画面の見方について 解説していきます 先ずはこちらの Plugin list file name ですが こちらの部分では バックアップを取った際に その WordPress に インストールされていた― プラグインの名前の 一覧が保存されるテキストファイル そちらのファイルに対して 名前を付ける事が できる様になっています 基本デフォルトの状態でも良いのですが もう少し分かりやすくしたければ この様に plugInList.txt という 名前にしておくと良いでしょう そして次にこちらの File compression ですが こちらはこのテキストファイルを 圧縮するかどうかの選択肢となっています 一番上の選択肢の none は圧縮しないという選択肢で その下の二つは 圧縮するという選択肢になります 基本はこちらの none で 良いかと思いますので 今回はこちらにチェックをした状態で こちらの Save changes をクリックします これで設定した内容が保存されました 以上でレッスンは終了です 今回は BackWPup のプラグインを使って バックアップジョブを作成する際の プラグイン設定の方法について 解説致しました

WordPressプラグインでサイトをバックアップする

WordPressは世界中で人気の無料ブログソフト/CMSです。Backup to DropboxとBackWPupというプラグインを使えば、バックアップを自動的にとれるのでとても便利です。このコースではこれらを使って簡単にサイトのバックアップをとる方法について解説します。その入手先やインストール方法から実際にサイトを復元するまでのやり方を説明します。

1時間19分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。