WordPressプラグインでサイトをバックアップする

ジョブの手動実行

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「BackWPup」プラグインを使って作成したジョブを、手動で実行してバックアップ処理を行う方法について解説致します。
講師:
01:58

字幕

このレッスンでは BackWPup の プラグインを使って作成したジョブを 手動で実行してバックアップ処理を 行う方法について解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらの画面には これまでのレッスンで作成した ジョブのスケジュール設定画面が 開かれた状態となっています このジョブでは 定期的に自動でバックアップをする様に こちらの WordPress cron というものを選択してそして こちらの部分でその 日時を指定していましたね 只この様に日時を設定した ジョブであったとしても 手動で即時にバックアップ処理を 行うことができる様になっています それを行うためには こちらの左メニューの中にある Jobs というメニューをクリックします するとこの部分に 作成したジョブが 表示されてきますので こちらにマウスカーソルを合わせて こちらの Run now というリンクをクリックします これをクリックする事によって 即時にバックアップ処理を 行う事が可能になっています それではこちらをクリックしてみましょう するとこの様に バックアップ処理が開始されて こちらの部分に そのバックアップの状況が 表示されてきます そしてこの様に Job completed と 表示されれば バックアップの処理は完了となります 以上でレッスンは終了です 今回は BackWPup のプラグインを使って 作成したジョブを 手動で実行してバックアップ処理を 行う方法について解説致しました

WordPressプラグインでサイトをバックアップする

WordPressは世界中で人気の無料ブログソフト/CMSです。Backup to DropboxとBackWPupというプラグインを使えば、バックアップを自動的にとれるのでとても便利です。このコースではこれらを使って簡単にサイトのバックアップをとる方法について解説します。その入手先やインストール方法から実際にサイトを復元するまでのやり方を説明します。

1時間19分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。