WordPressプラグインでサイトをバックアップする

「BackWPup」バックアップデータの準備

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「BackWPup」で取得したバックアップデータからWebサイトを復元する為に、そのファイルを準備する方法についてご紹介します。
講師:
03:27

字幕

このレッスンでは BackWPup のプラグインで取得した バックアップデータから ウェブサイトを復元するために そのファイを準備する方法について ご紹介していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらの画面には BackWPup のログの画面が 表示されています このログの画面は こちらの左のメニューの中にある こちらをクリックする事によって 表示させることができます こちらの画面ではジョブに対して 最後に実行したバックアップの情報等を 確認する事ができる様になっています それでは今回はこの BackWPup で取得した バックアップデータから ウェブサイトを復元するための 準備の方法について見ていきたいと思います それでは Dropbox に移ります これがそのプラグインで 取得したバックアップデータですね この様に今回の設定では Dropbox の中のアプリという フォルダの中に入っている BackWPup のフォルダの中にあるこちら こちらのフォルダの中に バックアップデータが格納されています それではクリックしてみましょう するとこの様に ZIP ファイルで入っていますね 先ずはこれは PC 上に ダウンロードしてあげます この画面からこのファイルを ダウンロードするためには こちらにマウスカーソルを合わせて そして右クリックそして ダウンロードをクリックします するとこの様に保存場所を 聞いてくる場合がありますので その場合はデスクトップ等 分かり易い場所を指定しておきましょう 指定したこちらの 保存ボタンをクリックします これでダウンロードが完了しました それでは早速そのダウンロードした ファイルを見てみましょう こちらがダウンロードしたファイルです 分かり易いようにデスクトップから 専用のフォルダに移動してきました この様にダウンロードしたファイルが ZIP ファイルになっているので 解凍してあげましょう そしてこちらがこの ZIP ファイルを 解凍したフォルダとなっています この中を覗いてみます するとこの様に WordPress のファイルが 入っているのが分かりますね このファイルをベースにして ウェブサイトの復元を行っていきます 但しこのファイルの中には WordPress のファイルと データベースのファイルが含まれているので それを整理して分けておいてあげます この中にデータベースの バックアップファイルが含まれているんですが それがこちらになります こちらのファイルとその他のファイルを 分けて整理しておいてあげると 分かり易いです それでは一つ画面を戻ります そして分けた状態のものがこちらです fils というフォルダと sql というフォルダを作成しました そしてこの files 中には 先程の sql 以外の WordPress の ファイルが格納されていて そしてこちらの sql のフォルダの中には この様に先程の sql のみが 入っている状態となっています これでファイルの準備が整いました 以上でレッスンは終了です 今回は BackWPup で取得した バックアップデータから ウェブサイトを復元するために そのファイルを準備する方法について ご紹介しました

WordPressプラグインでサイトをバックアップする

WordPressは世界中で人気の無料ブログソフト/CMSです。Backup to DropboxとBackWPupというプラグインを使えば、バックアップを自動的にとれるのでとても便利です。このコースではこれらを使って簡単にサイトのバックアップをとる方法について解説します。その入手先やインストール方法から実際にサイトを復元するまでのやり方を説明します。

1時間19分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。