WordPressプラグインでサイトをバックアップする

バックアップファイルのサーバー内設置

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
WordPressサイトを復元する為に、バックアップデータをサーバー内に設置する方法について解説致します。
講師:
01:33

字幕

このレッスンでは WordPressサイトを復元するために バックアップデータをサーバー内に 設置する方法について解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今回は bitnami を使って構築された PC 上のウェブサーバーに対して バックアップファイルを アップロードしたいと思います もし実際の インターネット上のウェブサーバーを 利用している場合には FTP での作業と置き換えて下さい 今こちらに表示されている この htcdocs というのが サーバーのルートディレクトリになっていて 元々アンインストールされる前の WordPress のファイルが 設置されていた場所にもなります こちらの部分にバックアップファイルを アップロードします 今回は BackWPup で バックアップを取ったファイルを 利用したいと思います これまでのレッスンの中で バックアップデータを Dropbox 上から 取得してきて整理したのが こちらの画面ですね こちらの files という ディレクトリの中にある こちらの WordPress のファイル これをこのまま全て こちらの htdocs の フォルダの中に入れてあげます この様に 移してあげるだけで OK です FTP で作業している方も 同様に全てのファイルを ルートディレクトリに アップロードしてあげて下さい 以上でレッスンは終了です 今回は WordPress サイトを 復元するために バックアップデータをサーバー内に 設置する方法について解説致しました

WordPressプラグインでサイトをバックアップする

WordPressは世界中で人気の無料ブログソフト/CMSです。Backup to DropboxとBackWPupというプラグインを使えば、バックアップを自動的にとれるのでとても便利です。このコースではこれらを使って簡単にサイトのバックアップをとる方法について解説します。その入手先やインストール方法から実際にサイトを復元するまでのやり方を説明します。

1時間19分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。